木造建築の謂れ

建築用語「火打ち」

 ←-(^-^)--(^-^)--(^-^)-馬鹿か →建築用語「続・火打ち」
骨組の貧弱な構造時の「補強」の為に入れたのが「火打ち材」 明治以降「洋風建築」が入って来た時持ち込まれた部材であるが、 洋風被れの建築研究者が大きく物言った時代からである。 もちろん伝統工法にもあったのだが、「気仙大工」の先人も「梁行き」方向 「桁行き」方向の直角部分を固めるため、1箇所に「隅紅梁」(すみごおり) という名で昔からあるが、現代のように隅なら全部固める方法は、 「建築基準法」が出来てから「ヤタラメッタニ」導入したのである。(アホナ研究者の見本) 戦後復興を進めるには、伝統構法では材料が多く使用しないと無理なため 細い材料を生かしために、「ヤタラメッタニ」入れたのの始まりが現在にも続いている。 構造施工の原点が「火打ち材」工法であるが、「火打ち」という名称について 誰も説明しないで使用しているが、「飯塚五郎蔵」先生は丁寧に説明している。 丸石の上に建てた(コンクリート基礎無い時代)戦後の貧弱時代が現在も続く、 現在も無駄な法律が権威のみで続くなんて、可笑しな国なものだ。 「火打ち土台」を現在も入れなきゃならないなんて大きな無駄をし得ているのだ。 融通性が無いとは悲しいもの以外の何者でもない。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【-(^-^)--(^-^)--(^-^)-馬鹿か】へ
  • 【建築用語「続・火打ち」】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【-(^-^)--(^-^)--(^-^)-馬鹿か】へ
  • 【建築用語「続・火打ち」】へ