FC2ブログ

気仙の辺辺(あたりほとり)

消え行く「往還道の標」・仙台への街道追分碑

 ←新政権「いか」様師か?それとも本物か? →173年前
気仙から仙台への三陸高速道が。
「東日本大震災」の恩恵と言うべきか「三陸道」の工事が着手、今日から伐採が始まるとの事。

往還1013

過日、国の道路建設管理者から聞いた。愈愈買収の決まった箇所から「山入れ」だって。
大昔から、仙台への街道(浜街道)通称「往還」が寸断され、「古道」が消え去る日が来る。

我が家の初代が(明治初年)分家する時、分領戴いた所は「菅野家」の大本家の直ぐ上の側だと
聞いていたが、初代はその意に反して、生活の便利さを考え、その上を通る往還道の側で良いとの事で
街道の側を戴き、昭和46年現在地に住まいを建てるまで、棲んだところが「往還道」の側だった。

往還1001

なぜその場所選んだか、先年亡くなった伯父の話では、徒歩が主な街道だったが道幅が広く、「鰯」など
煮て 干し場に利用できると考えたとのことである。なるほど庭の広さがない分、街道を歩く人人の通行の
妨げにならなければ良いと考えたようです。

往還1003

又、それは街道行く方々が、干し煮干を掴んで食べ食べも歩いたものだとも思いえるのである。
自分らも 中学校帰り道、干し場の通ると鞄に煮干を詰め込んで食べ食べ歩いたのを思い出し、
時代が変っても 人の考えは変らないものだと思う。
綺麗ごとではない。食わなきゃならないのは何時の時代も同じである。

往還1004

追分の場所は昔の我が家から100mくらいなので、餓鬼の自分は広い遊び場でもあり、現在のような
杉林も少なく、広葉樹の森が大半、針葉樹は少なく、薪が主で現在のように暗い森などは無かった。
戦後の住宅不足が植林を国家事業として推進され、欲深い政策により推進されたのである。

往還1007

昭和20年代は杉の値段も高く、30年代初頭、大本家が茅葺屋根から、瓦葺に屋根替えしたときなどは
建前の宴会で叔父などは、目の前の立ち木1本売れば鱈腹酒が飲めると豪語したものであり、現実に
親父などは、足下がフラツキ翌日まで2日酔いしていたのを、子供ながら記憶にある。
そして良き時代でもあった。

往還1005

写真は気仙沼~仙台方面などで、反対に松の坂峠を下り「追分」碑を過ぎると「今泉」まで約1時間は
掛からずの距離であり、旅人は息を注いだであろうと思う。この街道にも色々話があり、大工・左官等が
出稼ぎ先に向かう道でもあり、帰る道でもある。「松の坂」峠を越えるまでは、女房などは砥石や持てる
ものを携さえ、峠を越え「青の沢川」「繋峠」と鹿折の田平(でんたいら)まで送ったと聞いている。

往還1011

書くと長くなるが、何れ「追分碑」を何処に安置するのか、平成8年に元教員高田町住んでいた.故宗宮
参冶郎先生の尽力で再興設置されたが、沢水を引くため堀返していた時にツルハシの先が石にあたり、
そのまま 避けていたのが雨風にさらされ、文字が浮かび上がり、我が家の庭先に30年以上
放置していたところ 宗宮先生の目に留まり、陸前高田市教育委員会に掛け合い今の場所に
吸い付けたのである。
今この石碑が元の場所にあるのは宗宮先生の奔走の結果であり、亡き先生のためにも、この街道沿いのしかる場所にすいつけて欲しいものである。私利私欲の売名で変な場所に移動するべきではないと考える。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【新政権「いか」様師か?それとも本物か?】へ
  • 【173年前】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【新政権「いか」様師か?それとも本物か?】へ
  • 【173年前】へ