FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)04 →キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)04】へ
  • 【キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)06】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

気仙大工

キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)05

 ←キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)04 →キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)06
3.11大震災から、今日7/22で500日を向かいた、厚く垂れ込めるあの日と同じドンより雲。

現状は牛歩の如く以上に、歩まない、今朝の新聞は、陸前高田市高台移転の
買い上げ価格のタタキ台の詳細が掲示された。・・・・・・・・遅い。
中を聞くと、市職員はそれこそ孤軍奮闘、ねじり鉢巻で頑張っていると聞こえる。
実際もそうだと思う。余りにも注文が多く、全てに頭が回らないのは
当たり前である。

それこそ大津波以上の仕事量でる。多くの地方自冶体の応援職員派遣されているが、
それでも足りないのが現状である。第一「国」が決らないのはどうし様もない。
この先選挙がなれば、自己の手柄を選挙民に大きな風呂敷を広げる。が自己宣伝以外の
何者でもなでもない。被災者、影で働く方方への感謝も少ない。
又、大金が動くのでブンドリ合戦の様相であり、民間会社の被災者救援も、陸前高田市と
関係なく、開発に力を入れている。建売幟があっちコッチで見られる。もう「川中島」の戦い
以上である。住宅が建つのは速いほど良いに決っているが、住む方方の就労も平行に
成らないと、ドンドン流出人口が増えているとも、聞こえてくるが、どうしようもない。

先日「市役所」を尋ねたら壁に、市内の人口数が「20700数名」と掲示されていた。
確かに震災以前は「約24000人」だったのから約1800の死者行方不明では致し方がない。
それも一瞬に失った。あの被災直後の惨状はとても口にも、書き物に言い尽くせない。
溺死の姿を思うと、涙が止まらない。あの息を引き取った姿を思うととても落ち着かない。
寝ること、思い出したくないことを忘れるに、1升ビンを呷った因果が現在の姿である。
人は狂うというが、狂ったのである。瓦礫に挟まり動くない姿を思い出しと本当に遣り切れない。
何であの時に波にさらわれないと行けなかったのか思うと本当に辛いです。国道の歩道に寝かされ
ゴザを被せられ、硬直した姿と処理が間にあわなかったのも事実である。

震災後、先日訪ねてきた設計女史も語る、当時,人ではなく、何だろうと話してくれた、
トラックに無造作に詰まれて、安置所向荷台に息を引き取ったままの姿で多くの犠牲者が
運ばれたと其のよう話を聞くと、又もあの当時のことが甦るのである。
行方不明者捜しに向かう度に背筋が凍るのである。
悲しく辛い本当に忘れようとしても何かきっかけでで何度も姿が思い出され
る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、「国」国交省は木造建築に携る関係者を招集し、「伝統的構法」の法制化に多く方方、
歴史育んだ各地に残る「文化財」建物を学び、時代に沿う方法がないかと1元的ではなく、
あらゆる角度から検証しこの先の法律が作製できるかと、手探りで専門家の意見を集めて
いるが、唯、単に集めればよいのではなく、法律化できるかが重要だとの視点から、
段々「木造構法」の難しさにも直面しているようだ、極論で言い場、富山の「桜町遺跡」が
国内で一番古い歴史構法を残しているが、其処まで遡ら無くても良いが今の所が原点と見るべき
ではないのかと思う。が其処まで行かなくても、100年前の「工人」がどのように耐える構法
を考えたのかも知るべき、しかし各地の史跡建物も、其の地の独自に伝わった構法を理解すべきで
あり探求すると、国内の何処でも通用すなどの建物つくり構法の適合などはありえない。

構法分解すると、「穴・ホゾ・顎」等独自に継いで来た文化を否定してもらいたくない。
一番心配なのは、「大地震」振動がどれだけ構法に影響しているかで決るのである。我が「気仙大工」
先人は色々な組み方をつくり、生き延びてきたが、今回のような大津波は受けて流ししか方法が無く
それは構法の制ではなく、海岸で被災時は流ししかないが結論だと思うのである。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)04】へ
  • 【キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)06】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)04】へ
  • 【キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)06】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。