FC2ブログ

気仙大工

「キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)01

 ←今でも「被災地」  →「キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)02
大震災から今日で7/10で「488日」長いようでたちまちである。

その間、多くのお見舞い者、支援者が尋ねてきました。

長年お世話になっている方は、お話しし出しと「阿吽」で理解できますが、
始末のの悪のは、この大震災で一儲けを狙う輩が多いこと、自分なりの復興をイメージしたプランを
持って来ますが、現地の事情などお構いなく、立て板水を流しではなく、バケツでブッカヶるが如く
現地、当方の気持ちもお構いなく、高名な先生方の名をバック恩着せがましくそして高圧に喋る。

これには参りますした。事前にアポを取る為に連絡があり、名前を聞くと関係者に辺り、素行を聞き
当方もそれなり準備します。プランや考えがあるなら速めに眼を通し資料があるか、電話または
メールでもいんです。予備知識もないと全然それがないのです。本当に困ったものです。

現地はパニックなにを全然理解していない。現地は皆、あの衝撃的事実を理解できないでいるのに、
本当に参りました。建物の設計者には「欠落者」普段の時でも、無責任発言が多く此方も参るのである。
確かに自分のイメージを理解していただくには、これもしょうがないと思うのである。

東京駅朝一の新幹線で来ます。が乗り換え駅は1時間1本しか停車しない。
其処からレンタカ-を借りて1時間掛けないと「太平洋」が見える沿岸にはたどり着かない。

遠いは開口一番は遠いである。

此方も東京に出る時は、朝の5時半には自家用車で出ないと間にあわない、これが東北です。
日本の背骨を走ってきて、「枝線」に乗ったら当然だと理解しないのである。
山手線初め中央線もろもろで暮らし方々には、余りにも時間が秒刻みである。着くや否や帰りの
時間を早く述べる、そんなに無理してまで訪ねなくっても良いのにと思うのです。

現場で働く建築関係者は、案外「郷」に入ったら「郷」に従うが、研究者などは「間」が
ない方々が多すぎる。ダカラ間が抜けているのではないかと思う。ジックリものを」
理解できない。・・・・・・間抜けと言われるのはショウガナイ。女と建物は遠くからの
方が良く見えると「大文」棟梁に教わったが本当である。

その研究者等が、日本の「木造建築」を偉いと語るが、知らないからそのように
見えるであり、本当は知らないが本当かもしれないのである。確かに幅の狭いことを
語ると良く知っていると思うが、大きなスパンのことを語ると、何処にピントが
会わないことがおおいのである。あるのか聞く方は理解が出来ないことが度々である。


続きは後で書く。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【今でも「被災地」 】へ
  • 【「キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)02】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【今でも「被災地」 】へ
  • 【「キョウドウ」とは何ぞ矢・・・・・・・・・・(協同)02】へ