FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←気仙大工~からプロフェッナル「気仙の大工」育てた先人足跡訪ねる。 →野島が消えた・・・・続編
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【気仙大工~からプロフェッナル「気仙の大工」育てた先人足跡訪ねる。】へ
  • 【野島が消えた・・・・続編】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未来が見えた

「平成三陸大津波」01

 ←気仙大工~からプロフェッナル「気仙の大工」育てた先人足跡訪ねる。 →野島が消えた・・・・続編
20110311 多くの国民、特に本州の東、三陸海岸津波被災地取っては、
1周忌が過ぎても忘れられない。

生きている限り忘れられない日々の連続である。
時間が経つに従い忘れるであろうと思ったが、どっこい無理である。

被災から2度目の、春のお彼岸が来て、何とか立ち上がれるだろうと
考えていたが、まだまだ帰らぬ多くの行方不明者が来ないのが、
余計に思い出される。



あの時の記憶は、長時間の地震動におびえて立って居られない、
長部(おさべ)小学校が我が家の北方向、家の前の市道に駆け上がり、
校庭を眺めると校庭に児童が集合している。

240322-2.jpg

昭和30年代、深い谷間を埋め立て、校庭を整備したのを知る人は段々と
居なくなってきている。勿論、市の教育委員会なども、教育長は1年後輩だが
当時のことを忘れているだろうか。

(伊藤壽教育長、津波当時、執務中で被災して亡くなったご冥福を祈る。)

急いで校庭に行ったら案の定、無数の罅割れである。恐らく罅割れが
なんだか知る人は少なく、多くの事例を見てきたから判るが、まして先生がた
なども、何で蜂の巣上なのかも知らないであろう。
万が一地滑りしたら子供らが生き埋めであると思う。・…・…・・・それ位深かったのである。2次被害が無くてよかった。

240322-1.jpg

教師先生方は転勤族であり、地元の方々も、忘れて来ているなだから、先生に
罪を付ける風潮は良くない。
市の管理者が知るべきことであって、宮城県の小学校のような悲劇は何処に
いようが起しては成らない。本当に悲惨意外の何者でも出もない。------
あの小学校の建設時に完成が間に合わないと言うことで、応援にはせ参じた
ことがあるから、本当にかわいそうである。

現在の風潮は地元方々の勉強不足を棚に上げ、他人を祭りあげる風潮は
良くない。一番、地元を知る方々は防災しないで、子供教えるべき先生との、
コミニケーションをとるべきであって、被害にあって地元を知らない。
先生を攻めるのが酷では無いのかと考えるが、常に子供を守るべき、
親や周囲の大人の勉強不足を反省するべきと考える。

他人に任せ責任取るべきは、地元とだと考えるがどんなもんであろう。
亡くなられた子供の親を攻めないが、自分らの地域学校は「PTA」が率先する
意気込みが先生方にも伝わり考えて呉れのではと思う。
2度と悲劇を出さない行動が、今後地元への戒めになられればと思う。

240322-0.jpg

我母校も校庭の真ん中に避難していたのを、硬い地盤の当に移動するよう
先生にお願いしたからであって、万が一が起きないから良いが、起きてから
騒ぐなマスコミに任せろ、この方たちは無責任だから騒ぐのであぅて本当に
責任が合ったらあんなには騒がないのである。

掩蔽にまわり隠し方にまわるのだ。

24033-001.jpg

それで絶対津波が来ると読んで海岸を目指した。もう潮が動いているかも。
長部一番大きな野島が見える古谷浜を目指して車移動、潮が動き出して
いる。デジカメ2台、動画と写真を撮る、とても潮の動きは激しいなんとも
手が出せない。何人かで眺めていたら、高田松原、高田方面は全滅であろう
との声が聞こえたが遠く、松原野球場の方がく松ノ木が1本も見えない、こりゃ
大変だ。

またも車に乗って移動・・・・・・・・・・・・続く


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【気仙大工~からプロフェッナル「気仙の大工」育てた先人足跡訪ねる。】へ
  • 【野島が消えた・・・・続編】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【気仙大工~からプロフェッナル「気仙の大工」育てた先人足跡訪ねる。】へ
  • 【野島が消えた・・・・続編】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。