FC2ブログ

■日記

テング教祖の「すまいつくり・顛末」―→弐

 ←「ドン(カン)」大将軍団 →「劇的ビフォーアフター」の疑問が
10月18日・26日のブログ続き。

FI2616426_5E.jpg欅柱根継ぎ1複雑怪奇になる。

何でか知らず内に泥沼とは考えずに乗ったのが運の付き、電話の話では内容が分らん?
こちらも軽かったね。トニカク物を見ないでは話にならん、電話で場所を聞き、住まいを訪ねることにした。4歳年上の兄貴(棟梁)と一緒に2tロングトラックで東北道を南へ走り、資材置き場より、住まいへ。

FI2616426_1E.jpg欅柱根継ぎ2継ぐというより怪物の足

早く着いたので、「教祖」夫婦の出向かい。本音の話、電話とチガイ雰囲気が読めます。
話で連れ添いは年齢からいって、現在地で十分なので老後を考えると危険な綱渡りは支度ないとの強硬意見、「教祖」は余相手にしない。トニカク自分の思いだけで聴く耳をもたない。もちろん、今思うと聞き取れないのが・・・・本当かも、恐らく断片的な会話でしか聞いていないようだった。トニカクうわの空で再建しか頭に無かったと思う。

計算頭脳が優れているが、簡単に再建できるような雰囲気で悠々と構え何とか協力してくれだけの説得、当方も『男』がキチンと計画を練っての心構いだと思うので、奥方説得に周り意見を交わしたが、聞きいれられず。そのうちに「ドバ」現物を見ながら話となって現場へ直ぐ側の建設地を案内され、現場を見てコリャ道路は大型トラックが入れない。そしてまた「ドバ」は遠い、一時間以上も掛かり飛行場近くで真上を大型旅客機が数分おきに離着陸、煩いのなんの、途中車の中での話しでは、近郊の知り合いに見積もり依頼を多くの関係者にしたけど、誰も見積もりをくれないので困っていたのが現状だと話した。物を見ないので出来ないのが当然、又、図面は定規を使用せずにフリーハンドで書いている。この図面から何を読み取るかは施工側としては不可能である。本人は頭に入っているから良いが「施工図」起さないと無理である。

FI2616426_2E.jpg欅柱根継ぎ3 型はありませんそのまんまキナリ合せる絶対抜けない方法を取る

このような図面で再建が出来るとは完全に「テング教祖」と言っても過言でない。何人かの名前が出てきたが、その方々は「インターネット」に自分の方が受注したニアンスが数件掲載されている。メクラ滅法、声を掛けていたのが分った。やはりこの辺りが「テング教祖」の強みでは無かったのか今思う。・・・・・・・・・(続く)

昨日の訪問者 (表 75件 PC 205件) 
色々聞いたら「お気に入り」からダイレックトで訪問しているので、アクセスカウンターには表示されないのだと教えてもらった。だから数字が違うのです。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【「ドン(カン)」大将軍団】へ
  • 【「劇的ビフォーアフター」の疑問が】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「ドン(カン)」大将軍団】へ
  • 【「劇的ビフォーアフター」の疑問が】へ