■日記

テング教祖の「すまいつくり・顛末」――>四

 ←この先「危ない」と考える??? →「TPP」⇒何時までもあると思うな・・・・・?・?

前回に続き2棟目、梁間3間×4間小屋組み、仮組みで
補修部分と100年以上に渉る変形の補正について検討

千葉・市川のN社長に教えていただいた「置き組み工法」
関東式、小屋梁1本1本を定め、その上に来る二本の
敷桁との交点を光る組み方で施工するのだそうです。

MVC-002S.JPG

下は桁行方向の仮組


MVC-003S.JPG

下は桁行方向の仮組

MVC-004S.JPG

解体の時にはこんなに捩れてはイナカッタと思うが
解体すると好きなように方向を変えるの致し方ない。
現場で組む時が大変です。

木と♀は撫でて優しくしないと言う事は聞いてくれない。

MVC-005S.JPG

隅の桁部分も酷いですが、「金」具でレイプして抑える
しかないが、組む時下から欅柱ホゾの太いのが刺さったら
素直に結う事を聞いて呉れた。やはり太いと違うね。
誰かさんと同じ。・・・・・・・・へへへへ

MVC-007S.JPG

「木と♀」は扱い次第で素直だから「大工はヤメラレナイ。
「木と♀」に惚れてはイケナイ、今までそれで一生苦労を掛ける。
「無法松の一生」と何処か似ている。~~~なあ、お浜。

又、100年頼む次の時代はゴミとなるか、文化財になるか。
次に解体されるときは、腐食補修部分の見えないところに
名を刻んだのはその為だ。・・・・・・・(続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンと↓と応援お願いします!ポンと↓

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

29日の訪問者 (PC内183 件)訪問者各位ありがとうございます。

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【この先「危ない」と考える???】へ
  • 【「TPP」⇒何時までもあると思うな・・・・・?・?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【この先「危ない」と考える???】へ
  • 【「TPP」⇒何時までもあると思うな・・・・・?・?】へ