FC2ブログ

節・節

22年度産「新米」

 ←猛暑だったのに「平年作」 →「大工一代・現代棟梁」を偲ぶ会
猛暑の影響でどのような「味」なのか。
漸く22年度産「新米」の1週間寝かせて試食をすることが出来た。
001.jpg新米

あの猛暑、喉が渇き夕方が待ち遠しく、人は暑いと自分でコントロールして、
身体を内部から冷やしことが出来るが、稲だって生き物、昼間の暑さがそのまま
雲でも出て、陽射しを塞ぎらない限り果てしもなく「水温」が上昇する。

運が良いかどうか、3ヶ所別々の場所で耕作、週に3日しか来ない共同給水の田んぼは
水のコントロールが出来ない。給水日が土日と水曜日しかない田んぼは悲惨である。

別の2ヶ所は、大きな川の側なので「地下水」を汲み上げているので水温調整可能
例年、夜明け前の温度の冷えている時に水を供給するように、電気を24時間タイマーで
セット出来る。
7~8月の、堪らん暑さの夕方、陽が沈む前にガンガン地下水汲み上げ、田んぼの水温を
下げる冷やし作戦を行い。量より味が良くないと食べる人ガッカリするものです。
002.jpg古米

つくりも「水」加減、炊く時も「水」加減と、マスコミ報道も新米より古米の値段が
高いと報道され、今年の米は美味しくないと評判でしたが、矢張り古米と食べ比べても
「新米」は美味しいです。
稲つくりは、過肥料で倒伏稲なら別だが、「水」加減と「土」が一番、多収穫を目論み、
欲張ると、天罰が来ると「古老」の話には無駄がない。味は最高です。

銭が安いものに良いものがあるはずがない。・・・・・・・・食べるほうもそれに引っ掛かるの「常」

「田植苗と刈り取り」以外は全て手つくりです。・・・・・・・・伝統構法も米つくりも無駄なことはしたくないです。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【猛暑だったのに「平年作」】へ
  • 【「大工一代・現代棟梁」を偲ぶ会】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【猛暑だったのに「平年作」】へ
  • 【「大工一代・現代棟梁」を偲ぶ会】へ