■ 未来が見えた

雨仕舞い?

 ←五重塔と気仙大工 →「建築基準法の見直しに関する検討会」
1012-01.jpg

池上本門寺「本堂」を正面から眺めて・・・・・・・・・不思議です。

屋根正面向拝の軒先についている物がない。
だから眺めると「スッキリ」しているのだ。

1012-05.jpg途中から飛び出ているものが樋かも。

木造建物ではないので、屋根野地材の腐食の
心配がない。RC構造、設計者は秘策を考えたのですね。
これだけの大屋根に降った雨をどのように
処理しようしたのか頭を捻ったんですね。

雨樋は必要だが、デザインも考える。
ましては屋根が大きいため、遠くから眺める。
木造住宅建物にはほどんと、雪が多く降る地域以外は
全国的に雨樋が付いている。

1012-06.jpg平瓦に一部変なところが。これが解決策だたね。

でなければ、樋無し時は雨落の部分に側溝を入れて
玉砂利などで「樋代わり」にして処理している。
近くに来て見たら変なところから、樋が出て縦樋で受け
大きな鉄製の桶があった。・・・・・・・なるほど考えたね。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【五重塔と気仙大工】へ
  • 【「建築基準法の見直しに関する検討会」】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【五重塔と気仙大工】へ
  • 【「建築基準法の見直しに関する検討会」】へ