FC2ブログ

■日記

テング教祖の「すまいつくり・顛末」―→壱

 ←幹なのか枝葉なのか →今秋一番の寒さ
18日のブログ続き

55-020111.JPG現場での柱取り付けクレーン起し前1時間では組めない。

2棟の土蔵移築のメーン、ケヤキの胴差材が一番だった。
明治の棟梁の木取りは「黄金比」に沿った寸法で割ってあり。
勿論建築面積比も「4:3」

胴差寸法 長さ管柱内々『24尺』(7.272m)成『2.1尺』(0.636m)幅『1.15尺』(0.350m)
超見事な「欅」材の太物です。関東平野には所どころに大きな大木が目に付く、恐らく現在でも末端価格は「雲百萬円」だと思う。
これに唆されたと考えられる。
55-030311.jpg周囲の材も大きいので、大きく見えない。

対面・下面に傷なし、これに「テング教祖」惚れたんだと思う。

男女の恋と同じで、「男も女も」狂うと誰がなんと言うと「耳」を貸さない。(もちろん本人の聴覚も酷く悪い)
55-010111.JPG成2.1尺動かしだけ最低強力6人

3棟あった明治の土蔵、一棟は別の方に分けるという気風の良さ、解体費まで全部自腹というから、気分が良かったでしょう。都市計画での移転だから解体費が出たようなので不足分だけ、自分が出せばよいのに、もう惚れた因果、子供がダダを捏ねると同じ、周囲の声は全然聞こえない。

後で聞くと、とにかく焦るは、色々な大工・工務店に見積もりを要求したらしく、色々な方の名前が出てきます。冷静な方々は跳んでもない工事費になるので、返事はあいまいにしたらしい。
本人は今まで付き合ってきた方々らに完全に反古になり、皆適当な返事で真剣に取り組んでくれない。・・・・・・・・・・・・女に反古された男と同じだったらしく。完全に片思い。
55-010112.JPG壱尺角柱に取り付け部分

この材を水洗いして、反りや垂水を見ないと手が付けようがない。それにより2階床の水平など
確認しないと最後の収まりが読めない。『古材』の難しさだ。
でも多少の狂いはどこかで「逃がし」方向で解決できたが、本人は高度な計算能力が素晴らしいが、現場の実際そろばん勘定はモノの収まりが完全に無知、・・・・・・・・これでは山のように資金を積まないと、最後は松の枝かと・・・・・・・・・・・そして10年近くになった。
55-020122.JPG上面幅

(続く)
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【幹なのか枝葉なのか】へ
  • 【今秋一番の寒さ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【幹なのか枝葉なのか】へ
  • 【今秋一番の寒さ】へ