FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←文化のみち『撞木館』 →摂氏30度超え
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【文化のみち『撞木館』】へ
  • 【摂氏30度超え】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

■ 木造建築

「理屈と言い訳」とは「屁」では無いのか

 ←文化のみち『撞木館』 →摂氏30度超え
住宅新聞-000.jpg住宅新聞20091105号のトップ記事

〝倒壊するはずの建物が残り、残るはずの建物が倒壊〝

過日の「ケンプラッツニュース」の記事
「3階建て長期優良住宅が倒壊」の報告を噛みくだいて報じた。

確かに国が決めた「基準」どおりだと正当性を主張しているが、
我々現場でも、理屈を通しには「曲がり真直ぐ」という表現があるが、
計算通りに建てたら絶対大丈夫だと誰が保障するのかが曖昧である。

最後の結末は、我々現場が「手抜き」不正施工が原因だと決め付けられるが今回の報告書纏めの、1つ「● 倒壊現象は偶然に左右されやすい」という文言がある。

この言葉は凄いと思うし、我々現場でも使える言葉である。・・・・・・「偶然」・・・・・・無限に使える。
困ったときに「偶然」が重なったと言い切れる。

住宅新聞-002.jpg住宅新聞20091105号の写真

● 試験体1の最大耐力自体は高かった
試験体1の1階は270kNの最大耐力を示しており、これはベースシア係数で約1.0に相当する。建基法の1.8倍の地震動に対しては倒壊したが、建基法で要求する耐震性能の146%で設計された建物が保持すべき所定の耐力は十分に保有していたと言える。」


しかし・・・・・「それでも釈然としない」と追いかけている。
ベースシア係数とは建物全体の強さを示す。
1.0という値は、一般的な建築物と比較しても高い。


住宅新聞-001.jpg住宅新聞20091105号の拡大記事

正当性の主張

だが想定を超える地震においては挙動が大きく異なった。これこそが金物の効果だ。

● 試験体1は柱脚が最後まで外れず、耐力壁はひし形に変形してせん断破壊した。
柱頭も金物効果なら、外れるはずが無いと考えるが、外れた。?

「疑問は幾らでもある」と記者が書いている。

● 試験体1、2とも、建基法が想定する地震波の範囲内では変形量が小さく、明らかに弾性変形の範囲内にとどまった。だが想定を超える地震においては挙動が大きく異なった。これこそが金物の効果だ。

● 試験体1は柱脚が最後まで外れず、耐力壁はひし形に変形してせん断破壊した。これは構造設計で想定した通りの「耐力壁の壊れ方」であり、適切な破壊性状だった。

● 試験体2は柱脚接合部が外れてロッキング現象を起こし、その結果、形状を保った。だが鉄骨架台の上を30cm以上動きまわっており、実際の基礎の上に建っていたなら、建物全体が転倒した可能性は高い。試験体2は柱脚が引き抜けた時点で構造体としての一体性を失っており、どのように破壊するかが想定できない状態に陥った。 (映像を見る限りではその様に動いたと思われない)

● 試験体1は試験体2よりも確かに耐震性能が高かった。だが振動実験において倒壊現象を再現しようとする場合、偶然に左右されやすい側面がある。倒壊させた際の地震波は強力であり、どちらが倒れてもおかしくはなかった

● そもそも採用した地震波(建基法の1.8倍)が、大き過ぎた。
 それでもなお、「両方とも倒壊」という説明に釈然としない気持ちを抱く読者も多いだろう

当時の記事の読者のコメントには、次のようなものがあった。「現実的に『人命確保』の観点から見ると、試験体2が倒壊していないので、こちらが優秀ではないのでしょうか」。映像で見る限り、確かにその通りだ


「屁」は周囲が大迷惑?ー音だけのなら我慢できる。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【文化のみち『撞木館』】へ
  • 【摂氏30度超え】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【文化のみち『撞木館』】へ
  • 【摂氏30度超え】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。