FC2ブログ

■ 気仙大工

「気仙大工」展示会・講演会

 ←「干天の慈雨」と「高級魚の初物?」 →10年先が明るい「大工等」
先週から放蕩してブログ忘れていました。

お知らせです。

当地陸前高田市「気仙大工左官伝承館」において

「 気仙大工展示会 」を開催

内容

1 趣 旨
江戸時代から昭和にかけて、気仙大工と呼ばれた技能集団が、宮城県北部をはじめ、
日本各地で民家などを建築し、その技能の高さと誠実な仕事ぶりが高く評価されている。
気仙大工が各地で建築した民家の中から、特に気仙大工の優れた特徴が見られる
建築物について写真や模型等を展示するとともに、気仙大工の匠の技を紹介し、
気仙大工のさらなる活性化と振興に寄与する。

2 名 称
   気仙大工展示会

3 開催日時
   平成22年9月18日(土)~27日(月) 10日間

4 開催場所
   陸前高田市市民の森 気仙大工左官伝承館(陸前高田市小友町字茗荷地内)

5 実行組織
(1)主催 気仙大工展示会実行委員会
(2)主管 箱根振興会(陸前高田市市民の森 指定管理者)
        電話0192-56-2911(気仙大工左官伝承館内) 

6 展示内容
(1)気仙大工の建てた民家に関する展示
   (小友町内の民家、気仙地区内の民家、出稼ぎ先で建てた民家)
(2)匠の技を表現する模型の展示
(3)諸職人棟梁の業績紹介

7 体験コーナー
   展示会期間中の土、日、祝日に子供を対象とした体験コーナーを開設する。

尚、開催を記念して「気仙大工研究」第一人者 東北工業大学教授高橋恒夫先生の
記念講演会が開催されます。

20100802140332429_0001.jpg

高橋恒夫先生は、今年一月「近世在方集住大工の研究 」という本を出版

著者名:高橋恒夫/著
書籍紹介: 近世における日本各地の主要な在方集住大工(地方在住の大工集団)について、長期間にわたる地道な現地調査と資料収集の結果の基盤的データと体系的な研究。19件に及ぶ大工集団の発生の背景や要因、その実態、大工の活動や組織、技術などの形態について、網羅的かつ体系的な考察を試み、従来の建築生産史研究における大工研究の隙間を埋める画期的な研究成果。

近世在方集住大工の研究の詳細

第1編 近世在方集住大工とその発生形態
第2編 近世在方集住大工の大工人数
第3編 気仙大工とその活動
第4編 出羽・越後・甲斐・周防の在方集住大工とその活動
第5編 近世在方集住大工を取り巻く環境
第6編 近世在方集住大工の形態とその位置づけ

出版社名:中央公論美術出版  価格:50,400円

当ブログH22年2月7日号に掲載しております。
http://kinoie-kanno.seesaa.net/article/140500278.html
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【「干天の慈雨」と「高級魚の初物?」】へ
  • 【10年先が明るい「大工等」】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「干天の慈雨」と「高級魚の初物?」】へ
  • 【10年先が明るい「大工等」】へ