FC2ブログ

■ 未来が見えた

10年先が明るい「大工等」

 ←「気仙大工」展示会・講演会 →日本一の米どころを往く
今日は、「気仙大工」研究第一人者、東北工業大学教授「高橋恒夫」先生が、
気仙大工の地元において、久しぶりに講演を行なう。

その「大工」卵を育てている所がある。(大工の他、造園・家具・建具)
高校・大学を出た若者が真剣に、学問・実技を教えている所がある。気仙ではなく
北陸・富山県に民間育成施設「富山国際職藝学院」、発足して以来14年。(1996年)
多くの卒業生を配して来たのです。
0918-1.jpg校舎1部

詳しい内容。ホームページ  
http://www.shokugei.ac.jp/dept/index.html
http://www.shokugei.ac.jp/bosyu/index.html

今回、訳があり大工・家具・建具を指導している「オーバーマイスター」地元の
島崎英雄棟梁に逢うのが目的、棟梁は、自らの島崎工務店は弟に任せ、本物の建物を
つくりながら若者等に真剣に伝授している。
0918-2.jpg左が島崎棟梁
造作を教える

もちろん地元だけではなく、全国から男女関係無く、若者が集り教えを受け。
当日も、2班に別れ片や造作の「格天井」製作、もう1班は実物材に墨をつけ刻むという。
ことで、バラバラでありながら最後は1つになる遣り方で教えていた。

中には1級建築士の資格をもって勉強しているものもあり、図面作成なども即実社会で
使えるものもいると言う。それが教えの競争意識を生む仕掛けにもなっているのだと思う。

今の時代、新卒の高校・大学生等は勤め先ないと嘆得ているが、10年先には独立と
言う目標があることは、この学生の未来は明るいと断言しても過言ではないと思う。
0918-3.jpg全て手から教える

「寄らば大樹の陰」などと、甘えは今後益々不可能であり、自らの人生を早く掴んだものが
生きられる社会になるのが確実だというのは今の感覚である。

大工は「馬鹿で出来ず、利口で出来ず、中途半端はなお出来ず」と言った「田中棟梁」は
先月帰らぬ所へ旅立ったが、全国各地の講演などでは「大工職人」の素晴らしさを語り
次世代の事を気にかけて来た。島崎棟梁とは十月の「偲ぶ会」ではまた逢えるのが楽しみ。
0918-4.jpg皆一つに向かう

田中棟梁は「富山国際職藝学院」設立にも奔走、第一回の入学式にも来いと言われ、
入学式で、新入生を前に「禅の渇」を入れた印象は今でも忘れない。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【「気仙大工」展示会・講演会】へ
  • 【日本一の米どころを往く】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「気仙大工」展示会・講演会】へ
  • 【日本一の米どころを往く】へ