FC2ブログ

■ 伝統構法

「4000年前と1,200年前」先人は偉大

 ←金沢・喜多記念館 →「芸術の秋」静かなる男「天性」を表現
高度に経済が発達した現在、国民全て日々の生活に追われ、この国の先祖等は
どのように暮らしてきたかも知らずに時が流れ往くが、3代も過ぎると己の先祖は
どのように終えたのかも知らずに
過ぎてゆく。

邪馬台国研究 WEB
http://inoues.net/index.html
小矢部桜町遺跡
http://inoues.net/ruins/sakuramachi.html

我々の仕事、「木を組む建物」つくり仕事も10年以上前、富山県の小矢部市の
桜町遺跡から見つかった。それも遥か4000年の時空を越えて
出土したのです。
縄文時代中期にその様な技術で高床式構法原点、「穴とホゾ」があったと言う事です。
sakura016.jpg
sakura013.jpg
sakura014.jpg写真は小矢部市発行の「桜町遺跡」より

http://inoues.net/ruins/sakuramachi.html

木を刻むという、その時代にどうして作られていたのだろうと疑う。
今、関係がギクシャクしている隣国「中国」にも更に7000年前の工法の遺物が
あり、その工法と小矢部市の「桜町遺跡」の遺物はそっくりだと言っているのです。

「縦の材と横の材」を組むのは「伝統構法」の原点である。ましてはその工法の
原点は木材に「穴」を開けるが最初、「ホゾ」はその次、人の男女関係に似ている。
現存は『飛鳥時代』ですが、それより3000年近く前に原点があった言う事です。

記憶に新しい。

先人が積み上げてきた工法を否定する最高学府の研究者などは、銭の儲かる輩の
手伝いをして、己の主張が一番正しいと驕りの姿勢ではこの国は良くならない。
我々現場人を含め関係者は先人を敬う姿勢があっても良いのではないのかと思う。

「小矢部市・桜町遺跡」の検索で詳細な説明が出てきます。

1200年前の「日本後記」(現・官報)に「陸奥国・気仙郡」という地名が出てきます。

原文
『日本後紀』巻 廿 弘仁元年(八一〇)十月 甲午 廿七(旧暦)
甲午。禊於松崎川。縁大甞會事也。』陸奧国言。渡嶋狄二百餘人來着部下氣仙郡。
非當国所管。令之歸去。狄等云。時是寒節。海路難越。願候來春。欲歸本郷者。
許之。留住之間。宜給衣粮


この漢字から何を読み取るかは歴史家に任せるが、この秋、わが地元では「建郡」を
祝う行事を行なうとの事です。しかし当時の日本周辺の実情から言って、「渡嶋狄」
(としまてき)と言う。その「渡嶋」解釈は北海道説だという・・・・・・・?

当時の日本海側の実情はアジア大陸側の動きで日本海側各地には多くの「狄」(テキ)
の動きがあり、「北海道説」には疑問が多い。4000年前の縄文時代から交易があり
朝廷が遥か僻地の事を書き残しという事は、重大事だったに違いないと思う。


新暦では11月末ころの気候状態、取り扱いを国お伺い立てたと考えられるが、200人が
難破し、来春まで保護せよ言うことだと思う。それ以前約100年前に「陸奥国」が建国
国割りが行なわれれば更に100年以上遡り「気仙郡」存在していた事になると考えられる。

交易・物流の陰に、「海と船」は切っても切れない関係にあり、当時の物流船を想像する
ことは己の頭では無理、正倉院の大陸からの物を如何に、この国に運んだ事を考えると
なると先人の壮大さは想像を絶する。・・・・・・・・・・100年前も危ないと考える。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【金沢・喜多記念館】へ
  • 【「芸術の秋」静かなる男「天性」を表現】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【金沢・喜多記念館】へ
  • 【「芸術の秋」静かなる男「天性」を表現】へ