FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←伏見通り「民家」を歩く →新築全て『エコ住宅』法律義務化を検討
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【伏見通り「民家」を歩く】へ
  • 【新築全て『エコ住宅』法律義務化を検討】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

木造建築

¥15,750.―

 ←伏見通り「民家」を歩く →新築全て『エコ住宅』法律義務化を検討
Save0267.JPG

金額¥15,750.-、一般の国民には直接関係は関係ありませんが、間接的には
関係があります。

「建物偽装計算書類提出」問題、所謂「姉歯偽装事件」が引き起こした事で、
国は国家資格免許「1級建築士・2級建築士・木造建築士」等に、「新建築士法」による
「建築士事務所に所属する建築士」は3年に一度の定期講習、絶対受講しなければ
法的資格の効果が失われ罰金等が待っているのです。


資料
http://www.mlit.go.jp/singikai/infra/architecture/kihonseido/images/070314.pdf
23ページ

全国建築士総資格者数は約103万人~~~事務所総数133,275~~~資格者5人未満としても
相当数の方々がなんら関係者になるのです。

講習案内の説明によると県内では「1級・2級・木造建築士」定期講習者は900名が
対象「管理建築士」講習は300名が講習対象になっているとの案内です。


その数字掛けるでは「超恐ろしい」金額が動く、これは新たなる「建築士税」と同じものが
国ではなく「財団法人建築技術教育センター」という組織団体と、
「社団法人全国建築士事務所協会」
「各県建築士会」などの傘下の団体に山分けされていると思われるのです。

この事件以後、改正建築基準法「不景気」の中、1部の団体だけが「法保護」の下で
悠々と国民から搾取に近い方法で行なわれている現状を、「前原大臣・蓮坊大臣」らが
知っているのだろうか。
そしてこのような講習の受講料は誰が決めたのか不思議です。大多数の資格者は
血眼になって、仕事探しをしている現状を国会議員・関係大臣は知っているのだろうか。

このような「銭」を巻き上げるだけの法律が罷りとおり、東京も地方末端も同金額を設定では
地方は益す増す人口減と「姥捨て山」が高くなるだけではないのか。
ちなみに我がこの講習を受けるとなると、県都までは片道約100kmを超え、長時間の駐車代
燃料代が掛かるのです。

早朝出発~帰りは早くて夜到着・・・・日当なし・・・・生活保障なし・・・・1日経費最低3万円は
消える。
このような講習、地方出先の建築主事でも出来るのを、態々県庁にいる職員でないと
出来ないなんて公務員天下だ。

もちろん列車などでは到底時間内には届きません。
1泊しないと無理なのです。

県都に近い関係者のみが優遇、「四国」4県に匹敵する「岩手県」では「入り」のお金より
「出」の方が多いのはこの国の仕組み、県会議員などは地方末端の声を届けるなどと
選挙の時には声をあげるが、当選の後は「野となれ山となれ」では次の選挙は無いよ。

Save0266.JPG

平成17年度国の資料によると。
――――――――――――――――――――――――――
1. 昭和26年から登録開始
2. 平成17年度末の登録数
3. 一級建築士:322,248名
4. 二級建築士:692,968名
5. 木造建築士:14,950名・・・・・・・・「士」約103万人

6. 一級建築士事務所:92,028(うち個人:37,180 法人:54,848)
7. 二級建築士事務所:40,419
8. 木造建築士事務所:828
9. 総数133,27510. 二級と木造建築士事務所は減少傾向
11. 一級の年齢階層別登録数
1. 20代:約3,000人
2. 30代:約47,000人
3. 40代:約66,000人
4. 50代:約101,000人
5. 60代以上:106,000人
6. 平均年齢:56.2歳
12. 建築士の内、構造設計に従事:約4%、設備設計に従事:約1.1%
13. 一級建築士試験合格者の内 構造担当:4~5%(200~300人程度) 設備担当:
1%強(100人程度)
14. 建築士事務所の約半数が「専業事務所」で所員5人未満で占められている
15. 全事務所の約55%が「開設者=管理建築士」 専業事務所では同一である事が多い
16. 約43%が意匠中心で、構造の約45%、設備の約69%が再委託
――――――――――――――――――――――――――
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【伏見通り「民家」を歩く】へ
  • 【新築全て『エコ住宅』法律義務化を検討】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【伏見通り「民家」を歩く】へ
  • 【新築全て『エコ住宅』法律義務化を検討】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。