■ 伝統構法

本丸「御殿」復元工事見学―2

 ←新築全て『エコ住宅』法律義務化を検討 →「F★★★★」・・・・ご存知??
7月28日⇒ブログ続き、
「御殿建築」現場を見学することが出来ました。

0806-0.jpg

大きな工場の中でミニの「御殿」がつくられていると錯覚するくらいの大きな現場です。
もちろん見学者は施工現場に入れません。
特別な観覧ブースがあり仮設建物の中間高さに見学ステージが恐らく、屋根の「棟」の
高さあたりが見学場所です。

働く方々の通勤車などはミニカーしか見えません。

0806-4.jpg

写真で比較しても、ケタが違う。「御殿」がすっぽりと中でつくることが出来る用ですから。

3期に分けて工事、現在1期部分の柱が建てられ、部屋の部分は全部仮設足場で埋められている。
見学の場所からみると一般の方々には何をされているか想像できないと思います。
毎日見学していればこそ、イメージが湧くが写真を見ただけでも無理ではないかと思う。

0806-2.jpg

普通の木造建築もこのような工場でつくられ、運送手段さえ整えば可能だろうが、絶対無理。
どの様な「梁桁」でも「天井クレーン」があり、職人さんは、あの重たい材料には位置を
決めるだけで、楽チン工法です。

回廊式の見学コースをかね折に見学すると、我々にはイメージがわきます。

0806-1.jpg


下ごしらえをする場所も遠くに見えるが、仮設屋根の下での工事でしから、雨・風の
心配はゼンゼン皆無、これが本当に建築現場なのかと錯覚する。やはり時代は変化
しているのだ。

0806-3.jpg


聞くところによると「復元工事」なのに、当初は「文化財関係者」の指導・監理されて
いたのが話の食い違いから、市単独の監理になったのが残念というしかない。
今後数百年伝える建物に専門化がいないのは、寂しい感じがした。

完成したらもう一度見学が出来たらと思うが、あと7年経ってこの場所から眺めたいものだ。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【新築全て『エコ住宅』法律義務化を検討】へ
  • 【「F★★★★」・・・・ご存知??】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【新築全て『エコ住宅』法律義務化を検討】へ
  • 【「F★★★★」・・・・ご存知??】へ