節・節

猛烈に暑い熱い毎日

 ←くらしの文化財「5軒長屋」 →「自由水・結合水」てなあに?
<<<「グラフ」0822-07231日の温度・07~08月>>>

220822.png大船渡測候所22日1日の気温

昨日22日、先月23日に次いで気温35度を越えました。

もう「天」が狂ったとしか言いようがない。・・・・・・・超馬鹿天気ではないのか。

異常気象である。扇風機3台も4台もフル稼働、もうソロソロ過熱でモーターがダウンか?

からだの方は慣れもあるがさすがに「身」の置き所がない。

水辺の「日陰」しか行き所がない。・・・・・・・あつい~あつい。

電気を利用する「エアコン」など1年の内精々1ヶ月が良い所。

そのために設備するまでもないのが我々の住む所なのに、暑さを同の様にくらしかが課題

220800.png8月の最高・最低気温


先人の家つくりは「深い軒」つくりが大きな影を作るのは最も正しい「くらし」です。

不燃材の外壁(石に近い)材料はこの温度で変形や、表面の塗装の剥離などが考えられるが

この業界で仕事をされて方は、今後この高温で仕事がワンサカ出るだろうと思う。

220700.png7月の気温

「軒が無い住宅」などは悲惨というしか言いようがない。


雨風、直射日光、いくら壁の中に「断熱材」が入っていても、この高温で壁の中で悲鳴を

あげていると言っても可笑しくない。

欲張って敷地、目一杯に建てる後始末のつけは、全部住まい手の負担、設計者に唆され

施工会社の「安い」に飛びつきその結果、異常気象には大きな負担となるのは自業自得では

ないのか。どの様な「建材」でも自然素材を越える「製品」は無いのを知るべきであり、

国が奨励するものに迂闊に乗るは保障など無いのも知るべき、全てツケは住まい手に

来るのを考えるべきである。
0220723.png7月23日1日の気温

「高温多湿」は昔からのわが国の現象であるは今後も変らない訳だから、「国産材」を

活用した住まいつくりは「地方の活性化」でもあり、高度な学問研究者が言うことに

惑わされるべきではなく、高々「研究者」というだけ鵜呑みする危険は現在までも

何度もあり、詐欺師と結託した報告などに何度も翻弄された来たのを知るは大事ではないのか。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【くらしの文化財「5軒長屋」】へ
  • 【「自由水・結合水」てなあに?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【くらしの文化財「5軒長屋」】へ
  • 【「自由水・結合水」てなあに?】へ