■ 伝統構法

日本民家集落博物館

 ←地方の「第一次産業」・・・・・・現状 →「ツツジ」咲き過去この先「大津波・大地震」が何度も
1度は、絶対見学したい所と思っていましたが、その民家に関係する
国の事業に関わったので余計にも見学しなきゃと思っていましたが、
思いが叶いました。

022-01.jpg 出入り口案内板

現在、国は戦後住宅不足解消するため、古くからの木造建築
歴史工法を置き去りにした「伝統構法」、現在のバラック工法
「建築基準法」には整合性がないのに気がつき、法制化して次の
世代に引き継ぐ検討委員会を設置、22年度で法制化できるはずが、
当初の総括トップの中立性ない考え、意識の大きなズレで、3月
トップ解任と検討委員会解体、4月に新たな「検討委員会」が
発足した。

その「検討委員会」分科会「構法・歴史部会」に。前2年間の
「構法分類TT」では各地の「棟梁」など地域工法の「聞き取り調査」
などを行い。その地の棟梁の考え、古民家等の調査を行なってきたので、
自分等の建物つくりだけで自己主張は健全なるものが出来ないので、
全国各地に保存されている「古民家」調査なしで提案するのは、
偏ったことになるので、調査時間があれば足を伸ばしのが当然である。

022-02.jpg 河内布施長屋門ー出入り口

研究者だけの資料で「論ずる」のは大きな危険性が孕んであおり、
やはり現物を学ぶのが、例えとおり「百文一見にしかず」だと思う。
トニカク見ることによって得られる「知識」が一番大事ではなかろうか。
そのためにこのような「古民家」の展示保存場所があるのは、
後の世にまで伝える最良の施設であり大事にするべきだと
考えるが。

橋下大阪府知事殿。

02203.jpg 河内布施長屋門ー出入り口

「日本民家集落博物館」とは次の所にあります。〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-2
■交通
●北大阪急行電鉄(地下鉄御堂筋線接続)「緑地公園」駅下車
●阪急電鉄「曽根」駅下車 徒歩約30分 東へ約2km
●国道423号線(新御堂筋)から西へ約1km(標示有)。服部緑地第1駐車場が最寄り。

http://www.occh.or.jp/minka/minkashurakuchizu.html

日本民家集落博物館は、日本各地の代表的な民家を移築復元し、関連民具と合わせて展示する為に1956年(昭和31年)に日本で最初に設置された野外博物館
詳しくは次の「HP」 http://www.occh.or.jp/minka/index.html
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【地方の「第一次産業」・・・・・・現状】へ
  • 【「ツツジ」咲き過去この先「大津波・大地震」が何度も】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【地方の「第一次産業」・・・・・・現状】へ
  • 【「ツツジ」咲き過去この先「大津波・大地震」が何度も】へ