未来が見えた

テーブルマウンテンの「無様な寄合」

 ←天・地「超寒い」 →自然界の猛威から「復興」の喜び
国家国民生活を良くする、今の「政治」の国情不安は何ですか。

現 国頭(くにがしら)は、「竜宮城」から亀に乗って出てきた、御先祖は
「浦島太郎」の系統らしい「ボンボン」が遣る事が常に「国家国民生活」の
目線では無い。

日本国の「大山」(おおやま)の現状、外国にある山「テーブルマウンテン」(南ア)
のようなつくりに、国民は昨年の総選挙において場所提供し、方向が変るかと期待して
いたが、テーブルマウンテンでの「無様な寄合」は、消費者いや国民生活を考える
「乙姫」が生まれた所の考えを主張、ボンボン太郎はトウトウ堪忍袋の尾が切れ、
「追放の段」が下った。

昔から意固地な「党」だから言うことは、終始「理想論」では本物の
国民生活に結びつかない困ったものだ。

数が少なくても政権党になったのに、柔軟性が無い。

日本国についた「皮膚ガン」のようなものだ。良いお医者さん見つけて治療専念し
聞く所によると、次の選挙まではもたないとの噂も駆け巡り、トウトウ「乙姫様党」
も時間の問題らしい。自ら墓穴まで・・・・・・・・・あの世で歴代の党首は同見ているか。

消え去るのも運命かも、野党になった異母兄弟の「兄貴」もかなり苦労しているらしいし。
もう時代は、還暦を過ぎ「前期高齢者」などと己等が決めた方向に御国はなってきた。

「現」浦島太郎ボンボンだって、空けては成らない「箱」を空けた責任は
「棘の道」だ。・・・・・・・・・その痛みがわからないとはもう「命運」ではないのか。

あべ+ふくだ+あそう=に続く、世襲議員は要らない。世界と国情の解る
「野武士」の出現を待つしかない。「詐欺的議員」は国家が不幸になる。

「親良い」から「孫も良い」は間違っても無い。

『親辛抱 子堕落 孫宝飯道』では駄目、国民は解るべきだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※「平成」元号の世とは・・・・・・・・・「テーブルマウンテン」


>>>「平成」の名前の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、
『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで「内外、天地とも平和が
達成される」という意味。<<<

・平らな山http://www.yamaguchi.net/archives/000664.html

※「昭和」元号の世とは・・・・・・・・・ 「農」の萬邦が
<<<「昭和」の由来は、四書五経の一つ書経尭典の「百姓昭明、協和萬邦」による。>>>

「百姓昭明、協和萬邦」には、国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う意味が込めら
ています。「家族みんなが和気あいあいとして,仲よく力を合わして暮らすと,
そういう人たちが寄り集まることによって,すべての家々(百姓)が平和で
明るく栄えていく。その和気は,隣近所,字より郷,町,郡,県と人々を
ことごとく和合し,果ては国中の民が和を愛し,天下はよく治まる。
更にその和気は広く万国に及ぼし,国々の和合協力することまちがいなし。」とは要って
世界に仕掛けた「第2次世界大戦」で滅び、以後の苦難、現世は忘れている。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png 未来が見えた
もくじ  3kaku_s_L.png 気仙三十三観音
もくじ  3kaku_s_L.png 木造建築の謂れ
もくじ  3kaku_s_L.png 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 気仙大工
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ ケセン語
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 木造建築
もくじ  3kaku_s_L.png ■日記
もくじ  3kaku_s_L.png 伝統構法
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 古民家
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 節・節
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 定点観測
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 超番外
  • 【天・地「超寒い」】へ
  • 【自然界の猛威から「復興」の喜び】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【天・地「超寒い」】へ
  • 【自然界の猛威から「復興」の喜び】へ