FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02

【  2013年01月  】 

消え行く「往還道の標」・仙台への街道追分碑

気仙の辺辺(あたりほとり)

2013.01.15 (Tue)

気仙から仙台への三陸高速道が。「東日本大震災」の恩恵と言うべきか「三陸道」の工事が着手、今日から伐採が始まるとの事。過日、国の道路建設管理者から聞いた。愈愈買収の決まった箇所から「山入れ」だって。 大昔から、仙台への街道(浜街道)通称「往還」が寸断され、「古道」が消え去る日が来る。 我が家の初代が(明治初年)分家する時、分領戴いた所は「菅野家」の大本家の直ぐ上の側だと 聞いていたが、初代はその意に反し...

PageTop▲

新政権「いか」様師か?それとも本物か?

節・節

2013.01.14 (Mon)

昨年12月政権復帰した迷いの「旧政権」、年末「大花火」が派手ですね。イカが取れると豊漁だと言いますが、どうも胡散臭い匂いも漂い・・・・怖い感じと思う。イカがわしいとも思う。イカは透明な肌をしているが、煮ると赤くなる性質あり、申し越し火を通さないとやばいのではないかと考える。生干し、してしっかり乾き、酒の摘みに最高であるが。干干に幹得たのを、炭火燻り、「藁憮槌」で柔掻くなるまで叩き細かく冴えて食べたら...

PageTop▲

前月     2013年01月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR