更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 01

【  2012年12月  】 

ダニ 「デァー九(大工)」

節・節

2012.12.31 (Mon)

2011年大震災から2年目の歳が終わる。振り返ると早い月日である。あの大震災直後に起きたことを記録しておく、そうしないと「善意」を持って支援された方々に申し開きが出来ない上、忘れ去られる。全国の「木」関係した多くの善意の仲間と関係者の行為が、無になる。3.11から完全に通信が途絶え、完全に闇夜の生活、目に見えるは数メトートル 先だけである。「NPO緑の列島ネットワーク」に所属していた関係で理事長大江忍氏...

PageTop▲

陳家な輩のお笑い

ケセン語

2012.12.31 (Mon)

その輩とは、音なしで舞い降りた姑息な考えでした。不眠不休での被災者支援でした。...

PageTop▲

政治も「世の中」も狂っているとしか?????-1

超番外

2012.12.24 (Mon)

今年も、後僅かになり、1年を振り返ると昨年の延長戦、3月の年度内は、組合へ途中から加入した。方々に、何処を根拠にしてなのか、不正したとして「除名」と言う脅し文句で脱退せざるえず。恐ろしい考えの方々でした。後から纏めて返済できると考えているからしく不思議である。金融機関には毎月各自が、決められた金額(1万円)返済通帳納入すると言う約束で組合員は合意「借入」したのであって、途中で返済しないと言う約束は...

PageTop▲

誰が真剣に被災地を考えているのか?

超番外

2012.12.13 (Thu)

残しは今日を含めて3日・・・・・・・・・・・・・冷や冷やモノだね、本当に「東日本大震災」の被災民に真剣に手を伸べるのはどの方。平成になって、政権交代が叫ばれ、前回総選挙では確かに政権交代を果たしたが、其の後は何なの、見事「烏合の衆」の見本だった。・・・・・・・・もう凍りごりだ。そしてまた、国民を搾取する方向に戻しんだと。1度政権に就き、途中で掘り出した「頭」の復帰だと、昭和25年体制の復活になりつつ現実を思うと、一度「...

PageTop▲

五感・第六感と山感を忘れた日本人?

超番外

2012.12.10 (Mon)

平成の時代、日本人の文化は「五感や第六感」が完全に鈍くなりました。暮らして要る社会は、無能と無責任社会といっても過言ではないでしょうか。「オイルショック」の頃からの、「ものつくり」は何処の馬の骨かも判らん偽「学者」「研究者」「政治家(屋)」に振り回されて、国土の発展を見た。それが時間と共に化けの皮が剥され、鈍感社会になってしまった。大事な「維持」を棚に上げ、又、偽「学者」「研究者」「政治家(屋)」...

PageTop▲

ひょう(票)の歓迎か、ひょう(雹)が天から雨と風に乗り降りて来た

■ 気仙大工

2012.12.05 (Wed)

4日告示の早朝、大きな「雷明」爆発のような音、トタン屋根の音と、縁側のガラス窓を叩く音で眼が覚めた。・・・・凄い音です。幾ら大粒の雨でもコンナ音がするだろうか? 兎に角寝ていられない。南面を叩く音はすさまずいのです。玄関の戸開けたらサッシに当たる、氷の弾パチンコ球より大きい。それにもビックリした。明るくなって外を見たら氷のタマタマ、このような「雹」は見たこと無い。玄関の下は「雹痕の跡風雨が強く、横...

PageTop▲

国のお祭り・・・・・それは馬鹿騒ぎ???

ケセン語

2012.12.05 (Wed)

昨日から誰のための「政」(祀り事)ごとなのか。アホナまつりが始まるようだ。「東日本大震災」救済も間々ならず、その方向も見えない被災地は、どうしりゃ良いのよ。誰のための政治なのか、多くの国民に「立ち体」方々は如何理解されているのかわかりません。数が無いと意見が通らない。山や野に出る、「竹の子」や「キノコ」でもある前、中には毒で食べられない物も数多く選ぶ方が、賢明にならないとこの危機はまだまだ続く気が...

PageTop▲

前月     2012年12月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR