更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2010 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 04

【  2010年03月  】 

-(^-^)--(^-^)--(^-^)-馬鹿か

未来が見えた

2010.03.28 (Sun)

この国、今どうなっているんだろう。昨年の総選挙の時と全然方向が違うのではなかろうか。役人の言いなりの「政」の「政治」ではいけないと判断したから、現与党に皆が流れたのを自分等の正当な力だと勘違いされているのではなかろうか。絵に描いた餅を自分等も可笑しいと思わないなんてこれが政治なの。・・・・・・大体「バッチ」誰のためにつけているのと言いたい。党利党略のために投票したのではないのだと思うよ。国力が益々ジリ貧...

PageTop▲

談合の行き着く先「審決」

節・節

2010.03.26 (Fri)

「79社に対する審判審決について」http://www.jftc.go.jp/pressrelease/10.march/10032502.pdf「審決書」133ページ渉る大文書である。http://www.jftc.go.jp/pressrelease/10.march/10032502shinketu.pdf現在の大不況の拡大は「2007.6.20」建築基準法大改正がそもそもの始まりだ。しかし都会から遠い岩手県はその前からである。それとは県工事「Å級」と呼ばれる県内大手106社、建設会社による「談合」が発覚、以後、公正取引委員...

PageTop▲

続・・・・「脳梗塞」・・・・と・・・・「経管栄養」

気仙の辺辺(あたりほとり)

2010.03.19 (Fri)

こちらも看護をたのむのは嫁さんに以外に無し蘂もない。それからは嫁さんに土下座してないが頭は全然上がらない。。。。。。。・・・・・・・自宅に帰ってから、朝から真夜中まで食事と「下」の世話、洗濯で1日が暮れる。色々と柔らかな食事を3度食べさせても、栄養のバランスが悪いらしく顔面の歪んだ顔は好転しない。9月になって月に一度の診察へ、お医者さんは介護が大変なので、鼻からの経管栄養剤を進められ、幾らか付き添いの看護も...

PageTop▲

「脳梗塞」・・・・と・・・・「経管栄養」

気仙の辺辺(あたりほとり)

2010.03.18 (Thu)

昨年3月末、まもなく90歳になろうとする老婆が朝、「ディーサービス」の向かいに来る時間、容姿が可笑しい。?顔を見ると「肌艶がアカポッイ」左半身の自由が利かない。掛かりつけの燐市県立病院に電話したら、早い時間なので市内の近く県立病院で診察を受けたらと、そこで「救急車」手配までとの事。から「てんやわんや」「右往左往」しての連絡。救急車が即来ましたが、救命士の方々は自分達が納得する診察に時間が掛かるは、ま...

PageTop▲

遠心分離機≪===≫空回り洗濯機

ケセン語

2010.03.16 (Tue)

春になってきたら、日本国の旦那のアホナ舎弟が又もや騒ぎを起こしている。マ~マ母よ、銭がアルからってこのような出来すぎた息子に首に縄をかけて連れて行ってよ。「爺様は辛抱・親父は糞真面目・今の孫は過ぎたる出来損ない」全てマ~マ母が良くない。この季節「木の芽が出る」頃になると「狂って来るんだから」手がつけられない。江戸末期の「サカモト」の名を語るなんて、許せない何やってんのこのような方に「サカモト」なん...

PageTop▲

「洋」の牢獄・「和」の開放の家つくり―壱

■ 未来が見えた

2010.03.14 (Sun)

家つくりの変わりようは約30年前の「建築基準法」の改正が大きな分岐点ではなかろうか。戦後復興の法律「住宅金融公庫」の縛りが強化されたのが大きな転換点あろうとも思う。以後段々「人」も建物も「軽薄短小」の考えが謙虚に変化した。「人」はイレモノが変わると姑息になる方が多く観られるものだ。限界集落の町外れ正直な絵です。まさに国策の「牢獄」つくりの家つくりが大流行となって現在に至っている。果たして毎日住む家が...

PageTop▲

昨日のブログに追加

■ 未来が見えた

2010.03.11 (Thu)

6月までに「建基法改正」ケンプラッツの記事コメント欄に追加、3+9=12件を掲載しました。委員会では「ユーザー保護」などと綺麗ごとなどの現実「法」とは本当の見方なのか疑問を感じる。不満だらけの家つくりに芯がないからもめるのであり、つくり手をこけにした付を法律で解決なんて、本当は方向が違うのではないのか。建て主との信頼感なくして、良い建物が出来るわけがない。コピーされた同じ建物に入る「ユーザー」も銭と天...

PageTop▲

2007年6月20日「“最大の不況の引き金」がスタート

■ 未来が見えた

2010.03.10 (Wed)

2007年10月26日に「岩手日報」朝刊1面トップに掲載された記事の1部が未だ「検索」に残してくれていました。建築基準法改正問題http://ponavi.blog38.fc2.com/category1-1.html現段階で伝統工法の審査を見直す考えはないhttp://d.hatena.ne.jp/vohowo/20071026/1193369114http://d.hatena.ne.jp/vohowo/20071026改正建築基準法が伝統工法と地方経済を破壊するhttp://blogs.yahoo.co.jp/ponavi/52985576.html2007年6月20日「改正建築...

PageTop▲

あそび~~遊び―壱

■ 伝統構法

2010.03.09 (Tue)

師からの「木造建物」つくりの大工の教えの中で「あそび・遊び」に関してこの世界に入った当初、「師」にアソビをつくれと言われたことが50年も経たいま時分になって漸くそしてぼんやりと浮かんできた。古くからの「伝統工法」の建物の「あそび」は、何かが起こったときに瞬時に「あそび」が有効に働き、効果を表しのだと気がついた。それに比べて戦後、訳もわからずに施行された法律「建築基準法」は「硬く」「遊び」なく、作る...

PageTop▲

「津波はてんでんこ」

■ 気仙の辺辺(あたりほとり)

2010.03.07 (Sun)

全国の多くの皆様に御心配やら、お見舞いのお言葉ありがとうございました。昨日、国の議員・県の議員・各地地方議員先生等が現地視察され全面復興にアラユル手を尽くしと確約し、地元行政も被災資材処分まで、役所が行なうと漁民に約束されました。今後は早急に立ち上がる力が出たと確信しております。元通りに市場に出荷するまでは3年は掛かると思いますが、消費者の命を繋ぐ魚場に明るい見通しが出来たことに感謝申し上げます。...

PageTop▲

前月     2010年03月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR