更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2010年02月  】 

20100228・チリ津波ー続報

節・節

2010.02.28 (Sun)

本当に小さな漁港です。そこで毎日浜で仕事をする漁家にとっては大切な魚場突端に残る波型の跡明るい時間の最高潮位波除とそこに船を停め死にものグルミデ働いてきた。皆いつか来ると何処かで思っていていたのが当等来た。如何する事も出来ない。・・・・・・・諦め。無常もいつも思う、お天道様には勝てない。この後また再スタートしかない。...

PageTop▲

20100228・チリ津波

節・節

2010.02.28 (Sun)

昨日の午後から突然の「津波」騒動午前中の静かな「気仙川河口」を望む地元よりテレビ報道が過激ぎみです。川口から東方向「高田松原」「大津波警報」が出たが波静かです。国道45号線は午後から全面ストップ沿岸最南端気仙中学校付近が完全閉鎖南行き以外は完全通行止め我地域の避難場所より広田湾口を望む高台から住んでる地域と湾口の波の以上を確かめる。...

PageTop▲

超満員の「うどん店」

節・節

2010.02.27 (Sat)

昼近く知人に誘われ、駅から少し離れた道路沿いの「うどん店」へ10時開店と看板に書かれていたが、もう店の前の駐車場(20台近く)は満杯・・・・・凄い運よく入り口での待ちはなく店に入りましたが、内装は綺麗とは言いがたいが、真ん中にテーブル連結して空いている所探してしか座れない。皆、肩を並べて太い「うどん」口に頬張り一生懸命食べている。我々はカウンター席が空いていたのでそこへ、腰掛てメニューを見たが全部「うどん...

PageTop▲

世迷言(よめいごと)

節・節

2010.02.26 (Fri)

上杉隆=自民党の歴代総理も多くは「脱税王」「週刊・上杉隆」が面白いhttp://diamond.jp/series/uesugi/10114/http://diamond.jp/series/uesugi/10114/?page=2http://diamond.jp/series/uesugi/10114/?page=3page=3から抜粋 3年前、筆者は週刊文春の連載をまとめた「世襲議員のからくり文春新書)を出版し、信じがたい世襲議員たちの無税相続の実態を世に問うた。 政治資金管理団体や政治団体は非課税で相続できるため、多くの...

PageTop▲

★不安「ドブログ」の再来か?★

節・節

2010.02.25 (Thu)

昨年も2月でした。2004年からはじめたブログ「ドブログ」が1ヶ月余りも復旧せずした上に5月末で完全閉鎖と余りにも無責任な企業行動に腹がたったがこちらも時間予告の通りに復旧せず、心配したがようやく昨日午後復旧したようだがこれから1週間はようしを見てみないと・・・・・・・危ないかも?便利なもの危うさ、便利社会とは何時消えても可笑しくない。50年余りも国民を騙し続けた自民党が過去を棚に上げて現与党の揚げ足取りで国が良...

PageTop▲

伝統木組み石場建ての家

■ 伝統構法

2010.02.22 (Mon)

暫く遠ざかっていた。若い大工の現場に突撃訪問しました。「伝統木組み石場建ての家」で頑張っていました。まず、何より元気に仕事している姿が何より。1年がかりの建物、松の梁をドンと組み、構造計算なんてチャツな計算なんて・・・・・屁リクチでは伝統木造は出来ない。出来ない方々の嫉妬以外の何ものでもない。このような造りなら「長期優良住宅」だと思うが、写真を見た方だってこのような家を建てたいのを手が届かないのである。...

PageTop▲

「手・技・勘」養う教育を望む

■ 木造建築

2010.02.21 (Sun)

人は身体で物事を身につける。または頭で習得する。など色々と身に着けることなど、この社会に生きて行かねばならないのは多く人に課せられたものである。しかし、職業の自由とは言え「技術・技能」を取得するには多くのものを見、聞き、そして会得しないと生きては行けない。高校を卒業して社会に発哺り出され,右応左応しないと絵に描いたような「餅」を食べられない。もう直ぐ旅立つ若者等に身体で取得するべき施設が国家の都合...

PageTop▲

危うい「個人情報保護法」

節・節

2010.02.20 (Sat)

知り合いからTELがきて「びっくり」・・・・・・・・・冷や冷やものです。「インターネット」社会の危うさ、公開された600数十名の方々の「生年月日」が4年間も公共機関のホームページに掲載されていたのです。これでは相談員は丸裸同然です。それとは、公共機関の「高齢者向け住宅リフォーム相談員」の講習を受講された方々全員の「設計事務所名・住所・電話番号・名前・登録番号・生年月日・登録日」まで完全に丸裸・・・・・・・・丸投げでは。厳...

PageTop▲

かんたら(寒鱈)

節・節

2010.02.19 (Fri)

知人が大物の「寒鱈」を持ってきました。酒より安いと言っていましたが、見ただけで大物です。寒鱈80cmの超大物連年になく寒い毎日今晩あたりは鱈なべが最高です。一匹丸々捨てるところがないのが魚の良さ。捌く前に写真をと・・・・・・・・色々な角度からシャッター。スケールを当て長さ80cm、膨らんだ腹には卵がたんまりゾクゾク卵と肝頭から尻尾まで捨てるところは無し、そして最後はアラ汁になる大きな鍋に野菜をタップリといれ3度も4...

PageTop▲

石原東京都知事殿

■ 古民家

2010.02.18 (Thu)

神田駅から北方向に「神田多町二丁目」と言う町がある。http://www.daisuki-kanda.com/guide/association/ta2/index.html昭和40年代初め、2年ほどお世話になった町なのですが、もう当時の面影は影の1部しか残っていません。もちろん、寝起きしたところなどは巨大マンションが建ち時代が何処かに飛んでしまっている。角に建つ昭和初期のモダンデザイン町の中心交差点角で店を開いて頑張る老夫婦と当時のことを話した。20代パリパリ...

PageTop▲

日本国の「伝統工法」は何処へ行く「いノ一」

■ 伝統構法

2010.02.17 (Wed)

昔の例え、労働者(外で働く仕事者)を殺しには「刃物」は要らない。「雨の三日も降ればよい」3日も雨に降られたら「飯」が食えないと言った。自然には逆らえないので諦めの言葉現在の「ものつくり者」を殺しには刃物はいらない。説明のツカない「法律」をつくると多くの技術者・関係者を殺し事が出来る。これが「法治(放置の法か)国家」が正しいのかも知れない。新法施行直前に建てられた家・・・・助かったそれを「地」で行ったのが...

PageTop▲

前月     2010年02月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR