更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2009 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 01

【  2009年12月  】 

にほんブログ村⇒「気仙大工」訪問者数まとめ

未来が見えた

2009.12.30 (Wed)

2008年9月21日「にほんブログ村」登録して1年3ヶ月が経過しました。今日この頃の「気仙大工」ブログにアクセスして戴く皆様が多くなり、気ままな「大工」の独り言にお付き合いいただきありがとうございました。今日12月30日朝までの「にほんブログ村」に登録の、訪問者ランキングを表にしてまとめてみました。――――――――――――――――――――――――――――――――  今日― 昨日― 2日前― 3日前― 4日前― 5日前― 6日前― [サイト全参加数]―――――――――...

PageTop▲

『二百年住宅』の名を語るペテン師――ろの弐

未来が見えた

2009.12.28 (Mon)

 「殺し文句」の親分よ、地球資源を食いつぶし、化学物質を多量に使用し、建物の間取りは牢獄に近い建て方にと、窓は小さく「暖房効率」を上げるための政策は究極の「エコポイント」だど、「ドン欲」の目に写るは全て「黄金色」、掴んだらウンコより手の悪い汚染された「空気」そして「大気」こんなことで経済が好くなる湧けが無い。 世界をリードする「政」如氏の考えることは、地球を食いつぶし、今のことしか考えななんて、「...

PageTop▲

『二百年住宅』の名を語るペテン師――いの壱

未来が見えた

2009.12.25 (Fri)

表のチラシ月にイッペン、宅配のメール便で『二百年住宅』語る「提携企業様募集中」なるパンフが配達されてきます。昔、ハウスメーカー草分けの方の名称で来ますが、何という事ではない。宣伝力があるが、それを造れる「職人がいない」のです。当然です。「大工などの職人」を生かさず殺さずの手法で己の会社ののみを発展させた、姑息な男だからです。国の役人と組んで、30年経ったら建替えをしないと駄目な建て方工法、イワユル手...

PageTop▲

都会に住む田舎人よ一生を都会の肥やしになるな。

未来が見えた

2009.12.24 (Thu)

田舎の高校を出て、都会の大学に進学(又は就職して)、給料の良い会社に就職と戦後社会がその様なシステムを作り出したが。お陰で、親は地方で我慢をし、老いて行く父母の面倒を看ながら、遊びもせずの日々の中で子供を育てきたが、都会に行った子供等は就職口がなく「派遣社員」と目的もない会社で食うだけの暮らし、この年末如何来年はなるのか。・・・・・・・・・わからないそんな「派遣社員」ではどうにもならんと言う事で子供を説得...

PageTop▲

師走の1ッ時

気仙の辺辺(あたりほとり)

2009.12.15 (Tue)

後半月、もう来年の準備にお忙しい各位少しは息抜きをしては如何かでしょうか。現場でつかう変な又割き材が帰ってきました。何だと思います。・・・・・・・・・???大工さんが正確な仕事をするためには絶対欠かせないオリジナルな工具といったら良いのかこれだけで正確に出来る工法です。材料の端た材というか?????お解り方はメールでお答えを御願いします。(ヒントはありませんが大工さんだったら必ず遭遇します。)   shintac...

PageTop▲

月の12日は「山の神」の日

気仙の辺辺(あたりほとり)

2009.12.13 (Sun)

12月5日付けの地元紙(東海新報)に「気仙坂」という社説があり、『「山の神」信仰の12日』という題で掲載になった。(記事写真)http://www.tohkaishimpo.com/index.html記事の前段マタギと呼ばれる人たちが活躍していた時代の十二月十二日は特別な日だった。この日は毎月ある「山の神の日」の中でも年に最後となるだけに、「しまい山神」として山には絶対に入らなかった。 現代ではそうした風習は薄らいでいるわけだが、山の神...

PageTop▲

緊急「アンケート」を募集中

■ 伝統構法

2009.12.12 (Sat)

建築基準法「再改正」に向けてアンケートにご協力下さい。http://kino-ie.net/report_091.html職人がつくる木の家を建てるにあたって、それを難しくしているもの 木の家ネットでは改正基準法再改正を求めていくために、公開アンケート調査を行っています(2009/12/18(金)締切)。つくり手&住まい手のみなさん、ぜひご協力をお願いします!日本の職人技術として連綿と受け継がれて来た木の家づくりに、法律上、正統な位置づけが与...

PageTop▲

「江原幸壱氏」JANJANニュースから

■ 伝統構法

2009.12.11 (Fri)

江原幸壱2009/11/25http://www.news.janjan.jp/living/0911/0911213439/1.php朗報! 木造建築の「伝統構法」復活に光明坂本功「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験 検討委員会」委員長 発言の記事前略それとは別の問題として、柱を基礎に緊結しなければならないかどうかという問題がある。昔の伝統木造は土台及び柱を基礎に緊結していなかった。大地震のときには、柱を基礎に固定しないことでかえって倒壊を免れた建物が多...

PageTop▲

先人が残した「貫工法」

■ 伝統構法

2009.12.10 (Thu)

「伝統的構法の設計法及び性能検証実験実施委員会」の下部組織、分類TTに課せられた「聞き取り調査」を終えて付近に建つ100年以上の古民家工法がどのように継承されているのか「検証」してきました。  写真(後側全て通し柱}2階建て構造の民家を2棟場所が違うが、見学することが出来た。2階胴差が無い完全なる「貫工法」での建て方です。柱は全部「通し柱」のつくりで建っていました。 写真(内部もやはり通し柱で根太受...

PageTop▲

倒壊した3階建「長期優良住宅」

木造建築

2009.12.09 (Wed)

昨日のブログの訂正です。行方不明映像が「復活」していました。実験の趣旨(独)防災科学技術研究所と(社)木を活かす建築推進協議会は、国土交通省の補助により、木造3階建て軸組構法住宅の設計法検証に関する倒壊実験を実施しました。 試験体は、軸組構法の3階建て木造住宅2棟(試験体1、試験体2)で、各階床面積・階高などの仕様は同じです。ただし、接合部の設計が異なっています。実験では、人工地震波を1方向で入力し、強...

PageTop▲

前月     2009年12月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR