更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2008年09月  】 

約150年前の考えと出来事

未分類

2008.09.30 (Tue)

明治時代までにはまだ10年も前に建てられ、現在も住んでいる民家の聞き取りを行った。今から約6代前の2代目先祖が建てたのだそうです。八畳続きの座敷仕切りの「欄間」一対に意味深い彫刻がされていたのです。真ん中の釣束の左右に近い所には、左「波間から上る朝日」右「力強く湧く立つ雲」は日々の自然の表現、必ず上る「御天等様」何時も空は晴れていなく「天の力を現し雲」、この両方がないと、毎日の暮らしが出来ないのだとい...

PageTop▲

続続『気仙大工→16間×6.5間」

未分類

2008.09.29 (Mon)

関連ブログ 7月14日 7月16日 7月23日 8月21日 200年前「気仙大工先人」が建てた古民家、7月に縁があって山梨県に移築された建物を見学させていただいた。畳敷き座敷4部屋全部が「12.5畳」という広さにもびっくりした。200年前に建てられらたのは宮城県志津川町内、色々な文献から、伊達藩の大肝いりまでした家柄、東北の豪農の3本指にも入る位の家だったのが、時と共に衰退を辿り、縁あって解体の憂き目を乗り越えて、甲州まで来て...

PageTop▲

「岩手型住宅」の推進」

未分類

2008.09.28 (Sun)

「岩手型住宅」県が推進する施策一環としては、地域住宅ごとに分別した形いわゆる「遠野型住宅」「宮古型住宅」等と、「いわい(磐井)の家」「神のいる家「盛岡町家」」断熱仕様の「I地域」にあたる「西和賀の住まいづくり」、沿岸部「III地域」の「日本の名工・気仙大工」など、大まかに分けたようです。日本全体図では県全体は「II地域」ですが、山沿い地域はどうしても極寒地北海道仕様にしないと無理があり、また、太平洋岸に面...

PageTop▲

「岩手型住宅」の推進」

未分類

2008.09.27 (Sat)

「岩手県建築住宅課」が19年度から進めてきた住宅施策を、県民に知らせるパンフレットが出来上がりました。日本一広い県を山あり、平野あり、海岸ありですから、「省エネ地域区分」で言うと、I~III地域までまたがるので、画一的な施策が出来ませんから大変です。パンフのサイズは、A4サイズ表紙から裏表紙までで6ページです。1ページは「歴史と文化がたっぷりつまった岩手の楽しい家づくり」「岩手型住宅」大文字で書かれ手いる。...

PageTop▲

H20年度「稲穂」

未分類

2008.09.26 (Fri)

今年の我が家の田んぼ、まもなく稲刈りの時期が来ましので、稲穂を抜いてきました。隣で一緒の方のと、比べてみました。穂首を持って、垂れ具合の比較です。隣の田んぼの方が、実入りが良いようで、垂れ具合、粒の大きさはハッキリと違います。 で、今度は穂の数を数えるため、枝に付いた籾を分解、枝数も隣の方が「9枝」我が家のは「8枝」でした。籾の数は同じで96粒でしたが、確かに数は同じでも、田んぼを見る機会が昨年の4分の...

PageTop▲

「根」なにかに似ている??

未分類

2008.09.25 (Thu)

組合(気仙大工建築研究事業協同組合)の関係で市内唯一「ホテル1000」での会合、時々出入りさせてもらうが、ホテルには、幾たび事どこか変化しているのです。前はホテルの中においていた。ケヤキの根の伐根が玄関外に飾られるようになりました。聞くところによると、市内の土木業者の社長が趣味で掘り出し、丁寧に磨きあげた2作品です。(写真) 左の下の形がシャチホコに見える。このような「木の根」を良くも大事に掘り出した物だと...

PageTop▲

秋の彼岸の中日

未分類

2008.09.24 (Wed)

我が家は訳ありで、お寺二寺のお世話を頂くのです。すぐ側の菩提寺は先祖代々をお願いし、後継のいない父の兄伯父は、隣町気仙沼市に菩提寺があり、夫婦の墓も面倒見ている訳です。伯父夫婦とも亡くなり、伯母は20数年前に先に旅立ち、伯父はそれから独り暮らしを10年経て亡くなり、後継がいないとは本当に寂しい晩年であった。お盆、春秋の彼岸と墓参りと年忌法要は、欠かさずにお寺さんにお願いしているのです。その伯父の菩提寺...

PageTop▲

「安全な「米」つくり・安心の「家」つくり」2

未分類

2008.09.23 (Tue)

昨日は「安全な米つくり」今日は「安心の家つくり」について、そして絶対倒壊しない家を作りました。それは、「人」が生きるための最低条件「食」と「住」の「安全・安心」を追及した考えです。勿論目の前の、「里山の土と木」からの恵みの材料を使ってのことです。もちろん現法律が謳うのとは全然違う、何百年と伝えられた「大工の技と木挽きの考え」なのです。住む人の身体に悪い「新建材・接着剤」は一切使用しない「シックハウ...

PageTop▲

「安全な「米」つくり・安心の「家」つくり」1

未分類

2008.09.22 (Mon)

7反歩(70アール)の我が家の田んぼ、家族だけで食べるには充分余る面積です。田を起こしから、精米まで全部を管理しています。―写真― 除草剤1回しか使用しないため、草があっちこっちに身体の為にはショウガナイ。何処かで作られたものとは一切関係ありません。もちろん一生懸命作ったものを買い叩く「JA・国」にも一切売りません。仕事の関係で「住まいての建て主」などに、高い「お中元・お歳暮」に、米を買って食べている方々へ...

PageTop▲

二百年住宅について国会「質問・答弁」

未分類

2008.09.21 (Sun)

去る、5月8日の国会での質問の内容が専門性のため、文書による「質問と答弁」がなされた。文書質問内容は 平成二十年五月八日提出 質問第三五八号 「改正建築基準法等に関する質問主意書」 質問提出者―保坂展人議員(社会民主党・市民連合) 改正建築基準法等に関する質問主意書。「一~四」までは省略。五 二百年住宅について 建物の高耐久化はよいが、無駄なコストアップになってしまう。経済が低迷しているときに実施すべきではな...

PageTop▲

前月     2008年09月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR