更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2008年06月  】 

「日々転々」、半年が経った

節・節

2008.06.30 (Mon)

神道には、1年の半分にして無病息災の神事が6月・12月の二回行われます。今日、6月30日はその日にあたる。日本国に「神」が存在してからの神事だと聞きましたが、全ての人々が正月から半年の間におきた罪穢れを神社にお参りして、穢れを払うのです。それが「茅の輪(ちのわ)」潜りいう行事だそうです。>昔から「茅」は、その旺盛な生命力によって災厄を除く神秘的な威力を持つと考えられています。<そして何故か「無限・・・∞」の形...

PageTop▲

悠久の時を見た

気仙大工

2008.06.29 (Sun)

直近に悠久を見た「悠久=想像もつかないほど遠い過去から変わらずに続く様子」仕事で内陸に行ってきました。志和稲荷神社帰りに直ぐ側にある県内で有名な神社を参拝、そこは今から950年以上前に創建された「志和稲荷神社」直ぐそばには「志和古稲荷神社」の2社。近くの「岩手県林業技術センター」に何度も通いながら、寄り道することはできずにいたが今回思い切り縁って参拝しました。平坦地といってもこれより奥は直近奥羽山...

PageTop▲

自然界の珍味は「黄金色(こがねいろ)」

気仙の辺辺(あたりほとり)

2008.06.28 (Sat)

自然界に存在する「黄金色(こがねいろ)」の生き物、ホヤがようやくおなか一杯に入るくらい来ました。今年は少し時間がかかりました。例年ならもうトックに珍品のホヤが口に入るのに、ようやく度さと来ました。話は横道にそれますが、「平泉」を世界文化遺産に指定をと地元・県・国をあげて指定を目指していますが、そもそも黄金の光堂「金色堂」は、日本国では国宝指定第1号だったのですが、今回ばかりは遅れを取っているようで...

PageTop▲

近くの里山の木

気仙大工

2008.06.27 (Fri)

なぜ、長い「構造材」拘るか言うと、人の身体を建物だと考えると、構造材は人の「背骨」を形成していると同じです。それを4m材で繫いで、1本にすることは出来ます。それは戦後の住宅不足からヤモえず良いとしたことです。しかし大災害の大地震に見わられると繋いだ、弱い桁・梁の構造体が一番先に壊れます。それは2003年5月26日「三陸南地震」の時、全壊被害受けた建物を調査しても事実だったのです。数回連載した調査報告...

PageTop▲

近くの山の木

NPO「緑の列島ネットワーク」

2008.06.26 (Thu)

暫くぶりで里山に、山といっても人家の直ぐそばです。2―3―4-6m材なら、製材所なら何処にでも在庫しています。しかし、4mまで一般材、それを越え6mを越えるとなぜか特殊材として売買になる。目の玉が飛び出るくらい、単価になります。・・・・・・・何故だか説明がありません。とにかく長いから高くなると、説明され納得いきません。ではショウガナイ、搬出の良い持ち山から分けてもらうのが一番、景気の良い時代から木材・製材業界...

PageTop▲

日本有数の「巻き網船団母港」だった

気仙の辺辺(あたりほとり)

2008.06.25 (Wed)

三陸海岸の中でも広田湾は一番大きな湾である。その湾の奥に長部港(おさべ)は、戦後無限の海にある食料として「鰯からマグロ」まで捕る北部太平洋最大の「巻き網船団」の基地があった。船員1カ統50人以上なければ漁が出来ない。その船団が多い時には六か統も存在、対岸広田にも漁業会社もあり、市の収入の大半を「船員・出稼ぎ職人」らが稼ぎ出した時代でもあった。しかし、平成元年からまき網の漁獲が大幅に落ち込み、安定し...

PageTop▲

無念

気仙の辺辺(あたりほとり)

2008.06.24 (Tue)

20080623 夕暮れには未だ早い時間、突然の「悲報」母校(小・中)の後輩2人、市内からの1人が、死亡確認 行方不明との連絡が入った。我が家から半径2kmも未たない地域住む一家の大黒柱が、何でこんな形になるとは・・・・・・・無念。銚子沖「魔の海域三角波か?」とも聞いたが。行方不明者の早期発見を・・・亡くなられた方々に哀惜の念に堪えない。・・・合掌。...

PageTop▲

「岩手・宮城内陸地震」から1週間が経った

未来が見えた

2008.06.23 (Mon)

新聞記事・・・・・・・・・・・・・・・地震後「危険」判定住宅、奥州市で4%…中越の3分の1以下>>>今回、揺れの最大加速度は大きかったが、住宅倒壊につながる揺れの周期とは異なったためとの見方が出ている。また、奥州市建築住宅課は「築150~200年の農家などは柱が太く、びくともしていない」と話している。<<<現在の「建築基準法」が出来る前の家に大きな倒壊などという被害が今回少なかったのは「なぜ」でし...

PageTop▲

地球「環境」の運動を

未来が見えた

2008.06.22 (Sun)

昨日のネットニュース、フジサンケイ「すかいらーく 2600店で割りばし中止」の記事ファミレス一グループが、日本の全人口の倍、年間2億5000万膳、総量「650トン」が使っていた量なそうです。これだけ逆に森林破壊に貢献していたものが、全部中止という大英断です。一グループだけでこれだけですから、恐らく想像できな位、只数10分で「ゴミ」になるのです。「清潔と潔癖性」に買い鳴らされた生活が、これだけ地球破...

PageTop▲

気仙が合併・・・・・・???

気仙の辺辺(あたりほとり)

2008.06.21 (Sat)

国は「合併特例法」で市町村の合併促進を図っているが、中でも強力に推し進める「推進派」の合併というのは、合併文字より「合併債」という「金」に眼の眩んだ方々が一生懸命なのは如何なものかと思う。合併することによって「地域の住民サービス」をどうするのかの説明もなく、闇雲に「市町」の合併を進め、合併債の期限が切れるまでにとは短絡過ぎないのではないのか。1例を挙げると、仕事上何年か前までは色々な登記事務の「法...

PageTop▲

前月     2008年06月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR