FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2007年06月  】 

泥棒と住宅展示場

気仙大工

2007.06.30 (Sat)

知人との話から、建売住宅あるいは、入居前の住宅展示会などを新聞のチラシなどで、オオピラに不特定多数の方々に住宅を見学させての営業は、業者さんの方にはメリットがあるかも知れないが、その家に住む方にとっては、「泥棒」に間取りを教えているようなもんじゃないの、チラシには平面図が描かれており、人間の心理として、どこに大事なものを置くかも「プロ」泥棒は大体読めると思うのである。そして生活を始めたら、「泥棒」...

PageTop▲

世界遺産の道・・・・・・・遠いか?

節・節

2007.06.29 (Fri)

―写真― 毛越寺大泉ヶ池と周辺の木々を掲載忘れ去られた国宝第1号、昭和4年(1929)金色堂、国宝保存法により国宝に指定。その後1951年に国宝第一号となった。今、岩手県を巻き込んで、平泉を「世界遺産」登録の運動が行われています。その、まばゆいばかりの「金色堂」を何年かぶりに見学をした。(写真はアウトです)その後、何十年かぶりに「毛越寺」を見学しました。建物は近年の火災のために復元され、真新しい建物にな...

PageTop▲

続 ただ咲いて、散っていく

節・節

2007.06.28 (Thu)

あやめ園では、宮城北部周辺の「剣舞」の集団踊りが舞い。当日は、結構観光客が多く、思い思いの場所で立ち見見学でした。「あやめ園」から南に2kmの丘の上に、「ゆり園」があり、駐車場も広く菖蒲が終わると、お盆過ぎまで時期をずらして見学出来そうです。「ゆり園」は「あやめ園」よりは、広さも大きく、いくつもの種類のゆりが今から、2ヶ月ぐらいかけて咲くそうです。今咲いている種類は早生系統だとのことで、蕾や咲き始め...

PageTop▲

ただ咲いて、散っていく

節・節

2007.06.27 (Wed)

宮城県栗原市一迫町に、用事で出かけ山王ろまん館そばの「あやめ園」を見ることが出来た。花に説明はいらない。見て楽しむのが一番。天気が良く、大勢の観光客が見学に来ていた。花は、「ただ咲きそして散っていく」誰に言われた訳でもなく、「花の命」である。余計な言葉いらない見るものに感動、後は何だろう。・・・・・・・・・・・・・(次回は近くのゆり園)...

PageTop▲

日本は「真っ当な国」なの???

未来が見えた

2007.06.26 (Tue)

国の中心が見えなくなって、国民を縛る「法」ばかり作り、法と言う縄で、法を知らない民の生活を脅かしている現在。政府が社保庁職員に「賞与」返納を求める今回の措置、1ヶ月後の選挙目当て以外の何者でもなく、国民の目を欺くための措置としてしか考えられないのである。「賞与」を返納する社保庁職員の生活はどうなるんだろう、・・・・・・・・・・このように目先の政策で国民は納得するだろうか。これらの措置に信用する国民はどれだけ...

PageTop▲

みちのく曹洞宗「正法寺」が落慶

気仙大工

2007.06.25 (Mon)

この6月14日に落慶した、日本一の茅葺屋根みちのくの曹洞宗「正法寺」を落慶式後、始めて見学する機会に恵まれ、内部まで見学をしてきました。平成7年より「平成の大改修」と銘打たれた大規模改修が平成18年8月をもって竣工した。―写真― 階段を正面からの法堂工事中は庫裏から本堂の大修理工事中まで、幾度となく見学の機会に恵まれ、本堂は寛政11年(1799)に起きた火災により焼失。その後再建された現存の建物です。...

PageTop▲

築・30数年の建物と地盤調査

木造建築

2007.06.22 (Fri)

今から31年前、伝統工法入母屋で建てられた住宅の建物調査を依頼された。住宅地は北側斜面の山肌、松林囲まれた静かなところに建つ住宅を調査した。建物の周囲を見て、外観上は特に問題がなかったが、建物周囲の犬走りに大きな亀裂などが無数にあり、トイレ付近の、浄化槽付近に特に酷い罅割れがあり。もちろん当時の建築時には地盤調査などはなかったので、棟梁の判断で基礎などを決めたのである。完成から2年後の、1978年...

PageTop▲

旧暦 端午の節句

節・節

2007.06.20 (Wed)

柏餅(もち)カシワの葉で包んだ あん入りの しんこ餅。五月の節句前後に食べる。〔俗に、布団が足りなくて一枚の布団を二つに折って中に寝ることをも言う〕・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・昨日6月19日は旧暦の端午の節句(旧5月5日)でした。生活スタイルが新暦に変わり、男の子が生まれた家の庭先に鯉幟が上がるので、アア、又端午の節句が来たなアーと感じる。(新暦と旧...

PageTop▲

まもなく「夏至」

気仙の辺辺(あたりほとり)

2007.06.18 (Mon)

今週22日は、太陽の高度が一番高くなる、夏至になります。北東北と南東北の丁度分岐点に住む、気仙はまだ「梅雨」にも入らず、毎日燦燦と日が輝き温度も上がりません。昼前にリハビリの歩行に松原に出かけたら、日曜日ともあって大勢の人たちが子供連れで、松林、砂浜などに戯れている。もう夏が待ちきれない、若者数人は車の屋根に積んできた「ウエンドサ―フェン」で颯爽と海風に乗り快走を楽しんでいる。若者は良いなあ、何とい...

PageTop▲

改正法の講習会

木造建築

2007.06.16 (Sat)

平成19年6月20日施行の「改正建築基準法・建築士法及び関係政省令等の解説」の講習会(カイツマンダ説明会)に6月15日、日本一広い岩手県、県内3ヶ所の会場内一番近い釜石会場に聞きに行きました。このような説明会・講習会がどこの会場で行われても、先ずは1時間以上かからないと会場に行けない、岩手県沿岸南部の最果て地(宮城県境まで直線1kmとない、まずは日本最果ての地の内に入るかも?)に住んでいるのでこれも...

PageTop▲

前月     2007年06月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR