FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2005 01123456789101112131415161718192021222324252627282005 03

【  2005年02月  】 

気仙のいなかの「田舎」

気仙の辺辺(あたりほとり)

2005.02.24 (Thu)

「さかな」「貝類」を食べたいと、遠来のお客、夫婦が泊りがけで来ました。取れたての魚介類料理してくれるのが、本当に数えるくらいのところです。去年も来て、えらく感激した奥さんが、忘れられない味と旦那に子だってのこと昨日の大雪が残る、峠越えして(気仙に来るのはドコから来ても峠越える、海・太平洋から来れば、別)のこと。(2.18)街のど真ん中、酒蔵を改装した内部店の旦那が「こだわり」の方で人気があり、マスコミ...

PageTop▲

「伝統技法」研究会たより

木造建築

2005.02.22 (Tue)

超真面目な研究会の紹介伝統建築建物を調査研究し発表してる団体です。年2回会報誌を発行、中味がすごく良いと感じております。会報誌[12号]表紙と目次 ページ数28会報誌目次今は亡き、戸張公之助先生の遺稿を掲載発行 伝統技法研究会 代表 大平 茂男 問い合わせ先〒 169-0074 東京都新宿区北新宿1-4-9柏木ビレッジ303TEL03-3367-1165 FAX03-3367-1175会報誌の内容 1部カットしております。詳しく知りたい方は、...

PageTop▲

前月     2005年02月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR