更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2004 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 02

【  2005年01月  】 

今が「最高に旬」寒鱈・1匹

節・節

2005.01.29 (Sat)

一番寒い季節、「寒」に食べる物と言うと、鱈料理、田舎くらしは、銭っこマワンネドモ、どっからか来るね「物々交換」がまだ消えねモンネ、近所から、ゴロット取れたて、鱈1匹をいただキンした。箸の長さで、大きさ想像つきンシペ、この魚、捨てるところがネエの、食べ終わって骨のみこんな、「人様」さ 役にたちのってナエノシ、捨てる直前まで、身体に入るもの、大きな鍋に具を一杯いれて、次の日夜まで、3回 4回熱くして煮...

PageTop▲

「気仙」の日本一

気仙の辺辺(あたりほとり)

2005.01.27 (Thu)

「気仙」の日本一自分の住むすぐそばに、今から155年前、嘉永3年宇宙から贈り物がありました。「日本で落下が目撃された最大の隕石」、流れ星、「気仙隕石」は隕石の中で最も多い石質隕石に属し菩提寺(長円寺)の前に落下したのです。本物は東京・上野の「国立科学博物館」に展示されております。(45号線直ぐ脇、案内標識有)当時のことを書いた、「HP」は下記をクリックhttp://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/kakuka/hakubutu...

PageTop▲

《ケセン語》 チョコラ1・・・・答え

ケセン語

2005.01.25 (Tue)

ケセンノオッキナ印刷屋さんの(HP)から、お借り申した・・「ごめんなはりゃせ」  標準語か基準語か、わかりませんが、「訛ことば」が消えて行く、 「伝統木造」も、建物ばかりではなく、「和の国」はドコへ行くのか。 「洋々」と「つくり」に迷い、果たして、でもいつまでも、 ダンボール箱見たいのも飽きるね、今の世代は木を知らなく、 いろいろ(色々)に目が行き、流行(はやり)のない、モノクロの 判る時がきます...

PageTop▲

◎伝統構法と「3重の塔」――気仙大工・いノ一

気仙大工

2005.01.18 (Tue)

正月から、カンヅメ状態、チョイとイップク、「ドブロク」で息抜き・・・しばらくぶり,生きてます。岩手県(県指定重要文化財・塔)陸前高田市米崎町、普門寺老杉の中にある、三重塔は、岩手県唯一の木造塔婆建築遺構です。棟札から江戸時代末期文化6年(1809)に建てられたことが分かります。塔の高さは約 12.785m、一層平面は約1.65m四方です。模型(6分の一)首都圏での出稼ぎを引退、地元に帰った、社寺建築老齢名棟梁 菊...

PageTop▲

《ケセン語》 チョコラ1

ケセン語

2005.01.09 (Sun)

・・ケセンノオッキナ印刷屋さんの(HP)から、お借り申した・・「ごめんなはりゃせ」  「コレゼンブ ワカット、ケセンジンダド」。 意味がお判りの方へ、下の「コメント見る・書く」で 返事を待っています。 なんぼぉけぁーでもいいから、ケセン語・・・・・・・ ヒント・・・・・・・標準語(どこが基準か、わがぁねぇもの)1・センサマ・・・・・・わぁーりとき2・デソゴナリ・・・・・ひとそれぞれ3・アメル・・・・・...

PageTop▲

TV取材の時のデジカメ記憶

気仙の辺辺――気仙道(往還沿い)

2005.01.07 (Fri)

ケセンは奈良時代から中央と交易があり、3ボウ(方)を山に囲まれ、海から、世界に情報発信をしてきた歴史、「気仙の辺辺」をぶらりと。仙台伊達藩の時、「大肝入り」が置かれ、仙台以北海岸の「最北の要害」200年前に建てられ今も残る。早急に茅葺屋根の修理をしないと雨漏りで大変。「岩手県の遺産」なのに保存・保護をどうするやら?茅葺の建物と、大きな「土蔵」は圧巻である。毎日見てると当たり前なのに無くなったらどうする...

PageTop▲

1/3 3日目の日の出 パート2

節・節

2005.01.06 (Thu)

隣町(宮城県・唐桑町大沢地区)の日の出場所から北方向に大沢集落、遠くに見える山は岩手県陸前高田市の「お氷上」の山並、手前の峰は県境「P」からルート45号北上すると、まもなくこの界隈では、食料品安売り王の店(とにかく安かった)を通過と宮城県最北の神社「賀茂神社」30数年前現国道改良により、4m以上嵩上げ、境内には大き「銀杏の大木」があり、今は幹腐り枝を切っての様ここより北に宮城県の住居はなし。まもな...

PageTop▲

新年あけましておめでとうございます。(ようやくおおきな声で)

節・節

2005.01.04 (Tue)

3日目にして1/3 今朝の天気予報、沖(太平洋)に高気圧があると、雲っこ、ネイドみて、イッタレバその通りで、リッパニ化粧していやんしたぁ-。 ソーイイバ、暮れに「コウノトリ」(保護鳥)がケセンさ 来たのし、なんだか皇太子さまこの酉っこ、クルノ愉し みしてだって言ってだもんね、まずはメッタニ、ミレナイ ンダド、何に、ほんとにか、信用しねべども、胎へって グィワリクテ県の職員が餌っこやったれば、ちかくまで...

PageTop▲

雪の3が日~日の出

節・節

2005.01.03 (Mon)

ていばんの「日の出」11/1元旦は、「オテントウサマ」オショシーど、はぁユンベおそねしたから、ツラァーダサイネンダッド、いい年してはぁ、何億もイキテきて、イマサラでもナカンベモノ、そんでツラダサイねぃど、ほんでぁあすなさはよう「ベニ」ッコつけで、出直し度、まあまあコトシァーこれぁーサキコさいって善いコドのアンデなかんべか?顔を出し前 ケセン 碁石海岸から1/2きんのう元日で、オショス、オデントウサマ、ノゾ...

PageTop▲

雪の元旦

節・節

2005.01.02 (Sun)

雲の中の「初日の出」くれがら、あたらすトシサァーのユギァ、ホンニハァ、ワッセルグレァーだ、イヅモユクドコカハァー、マクソイ雲で、クルマっこ トメッドコはガラガラ、ソンデモ、ウツシデァヒトが、1デイいてハァー マブッテはいったた。(暮れから、新年に掛けての雪はしばらくなかったです。いつもところの、日の出は前々だめでしたが、駐車場はスイデいた、先着1台、日の出写し方がおり、我慢して車で待機していた)岩手...

PageTop▲

前月     2005年01月       翌月

Menu

プロフィール

kanteru

Author:kanteru
終戦直前生まれの大工が
誤解・間違いの現行、「建築基準法」伝統工法に異議唱えるる大工です。「新板蔵つくりの家〜気仙大工槌蔵の家」の商標登録を取りました。貫と貫の間に、槌でがっちりと叩き込んだ板を落とし込んで壁をつくる大変丈夫な、気仙に伝わる本格伝統構造です。秋田県立木材高度加工研究所の実験では、壁倍率4倍までいきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR